【江陵聯合ニュース】平昌冬季五輪は第9日の17日、スピードスケート・ショートトラック男子1000メートル決勝が行われ、韓国の徐イラ(ソ・イラ、25)が1分31秒619で3位、林孝俊(イム・ヒョジュン、21)が1分33秒312で4位に入った。

 1周を残しハンガリーの選手が林と衝突。転倒した林に徐がぶつかったが3着でゴールし銅メダルを獲得した。

 1位はサミュエル・ジラール(カナダ)、2位はジョンヘンリー・クルーガー(米国)。

 これに先立ち行われた女子1500メートル決勝では崔ミン禎(チェ・ミンジョン)が優勝し、韓国のメダル数は金3、銅2の計5個となった。