ハーパーはベッカム一家のプリンセス!?/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ベッカム家の娘ハーパーがニューヨークの空港でパパのデイヴィッドが押しているカート上のトランクに乗っているところをパパラッチされたが、今度は公園で、次男のロメオにおんぶされているのをパパラッチされ、「なぜ歩かないの?」と話題になっている。

【写真を見る】乳歯が抜けた歯で笑うハーパー!ベッカム家のスケートの模様をお届け/写真:SPLASH/アフロ

デヴィッドと次男のロメオ、三男のクルスとともにニューヨーク・ファッション・ウィークに参加するママのヴィクトリアを応援するためにニューヨーク入りしたハーパーは、その日の午後にマンハッタンのセントラルパークを散歩。

しかしE!テレビなどが伝えたところによれば、三つ編みに真っ赤なファー付きのコートに黒いレギンス、白いスニーカーという出で立ちのハーパーは全身黒でキメたロメオにおんぶされており、歩いていたわけではなかったようだ。

これについてネットユーザーたちからは「ハーパーって甘やかされ過ぎ」「自分でちゃんと歩かないと!」「長時間歩けないのでは?」「将来が思いやられる」と、またもや非難の声が。

しかし、今までハーパーの世話をしていた長男のブルックリンが昨秋からニューヨークの学校に行って不在だった間に次男のロメオがハーパーのお世話役になっていたようで、「ロメオは偉い!」「なんていいお兄さんたちに恵まれているのかしら」「羨ましい」「ハーパーは可愛いから皆に愛されるのでしょうね」といった称賛と羨望の声が寄せられている。

翌日、雨の降りしきる中を車で家族と一緒にママの応援に駆け付けたハーパーは、車を降りてからロメオとしっかりと手をつないで会場入り。デイヴィッドが家族4人で最前列を陣取った写真をインスタグラムにポスティングすると、わずか11時間で13万件以上の“いいね!”がクリックされた。(Movie Walker・NY在住/JUNKO)