転職成功者の平均年齢は過去10年間で3.0歳上昇 年収の高い人ほど「職務経歴の整理」に熱心

写真拡大 (全2枚)

 転職を考えている人は事前にしっかり準備をしている。転職先が早く決まったり、良い条件での転職につながるポイントが調査で明らかになった。

 パーソルキャリア株式会社は、2007年7月から2017年12月の間に同社の転職サービスを利用したビジネスパーソン約15万名を対象に転職した年齢に関する調査を実施し、その結果を2月6日に発表した。

 2017年下半期の転職成功者の平均年齢は32.1歳で2017年上半期の前回調査と同様だったが、調査を開始した2007年下半期の平均年齢は29.1歳で、過去10年間で3.0歳上昇した。男女別にみると、男性の平均年齢は32.7歳で過去10年間で3.1歳上昇、女性の平均年齢は29.7歳で過去10年間で2.1歳上昇した。

 転職成功者の内訳を見ると最も割合が高いのは「25歳〜29歳」の38.1%で、以下、「30歳〜34歳」の23.8%、「40歳以上」の15.5%、「35歳〜39歳」の13.1%、「24歳以下」の9.5%が続いた。10年前の2007年下半期をみると、「24歳以下」が11.5%、「25歳〜29歳」が48.4%、「30歳〜34歳」が29.1%、「35歳〜39歳」が8.0%、「40歳以上」が2.9%で、35歳以上のミドル層で転職成功者の割合が増加した。

 ミドル層の転職成功者が増加している背景について同社は、即戦力採用や業界経験や管理職経験にとらわれないミドル層採用などの「採用ターゲットの変化」、定年退職の年齢引き上げに代表される「人事制度の変化」、在宅勤務制度の導入や長時間労働の是正などの「働き方の変化」などが影響していると指摘している。

 一方、株式会社オールアバウトとRIZAP株式会社は共同で転職活動に関する調査を実施し、その結果を1月16日に発表した。調査期間は2017年10月24日から11月16日、調査対象は過去1年半以内に転職経験のある会社員で、年収600万円以上の347名と年収400万円以下の330名。

 転職を成功させるために在職中から取り組んでいたことを複数回答で聞くと、年収600万円以上では「職務経歴書・履歴書の整理」(55.9%)、「業界・職種研究」(44.1%)、「スキルアップのための学習」(38.0%)の順で多かった。年収400万円以下では「職務経歴書・履歴書の整理」「転職サイト/職業案内所への登録」(44.5%)、「友人・知人への相談」(27.3%)、「業界・職種研究」(25.5%)の順で多く、年収の高い層の人ほど自分の職務経歴の整理や自己研さんに取り組む傾向にあった。「特にしたことはない」は年収600万円以上で17.9%、年収400万円以下で23.3%だった。

 転職活動で取り組みを行っていた人にその効果について聞くと、「転職先が早く決まった」が年収600万円以上で51.2%、年収400万円以下で49.0%となり最も多かった。また、「高収入の転職先に転職できた」(年収600万円以上44.2%、年収400万円以下15.0% 以下同じ順)、「役職者として転職できた」(26.3%、4.7%)、「初年度給のアップ交渉ができた」(26.0%、10.3%)、「転職先の候補が多かった」(17.2%、18.6%)などもあった。一方、「特に効果は実感しなかった」との回答は、年収600万円以上で10.5%、年収400万円以下で31.2%となった。

 収入アップやスムーズな転職を目指すなら、早めに自分の職務経歴書や履歴書の整理を行っておくのがよさそうだ。

サイトウ イサム[著]、加藤 秀行[著]

【関連記事】
注目のアプリ 注目のサービス 転職先を考える際には「残業を気にする」79.3%
求人数が増加、転職希望者に優位な状況が続く 一方、転職活動の支出は55%の人が予算オーバー
転職希望の理由、「給与に不満がある」44% 理想の年収との差、30代は平均約32万円
ミドルの転職、50%が「年収が上がった」と回答 求められるのは問題解決やコミュニケーション能力
働く女性、転職に難しさを感じる一方で 現在の職場にとどまるのも「リスクを感じる」