<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 3日目◇17日◇クーヨンガGC(6,599ヤード・パー72)>
オーストラリアのクーヨンガGCにて行われている米国女子ツアー第2戦「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」で、全選手が第3ラウンドの競技を終了。後続に4打差をつけ、トータル11アンダー・単独首位でコ・ジンヨン(韓国)が最終日に挑む。
【スイング解説】畑岡奈紗はスイングアークではなく“コンパクトさ”で飛ばす!
3打差2位にはハナ・グリーン(オーストラリア)が、首位と5打差の3位タイにはユ・ソンヨンと2017年の「全米女子オープン」で2位フィニッシュを決めたチェ・ヘジン(ともに韓国)が続いた。
トータル5アンダー・単独5位から出た畑岡奈紗は、第3ラウンドをイーブンパーで回りトータル5アンダー・5位タイ。初日に4アンダー・3位タイと好発進を見せた17歳のアマチュア・山口すず夏(共立女子第二高校2年)は、トータル1アンダー・22位タイに、同じくアマチュアの吉田優利(麗澤高校2年)は、トータル2アンダー・19位タイとなった。
その他では、トータルイーブンパー・31位タイに2016年覇者の野村敏京。横峯さくらはトータル6オーバー・71位タイで最終日に挑む。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

畑岡奈紗が躍進!「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」のスコア速報
米国男子も注目!「ジェネシス・オープン」リーダーボード
「1年やって必要なものが分かった」畑岡奈紗、来季は米に拠点構える
三ヶ島かながスターフライヤーとサポート契約!「一度着てみたかった」CA姿も披露!
全米OP挑戦から2年半 “スーパー高校生”山口すず夏が豪州で躍動