藤井聡太が朝日杯で史上最年少での一般棋戦優勝 六段昇段が決定

ざっくり言うと

  • 藤井聡太五段が17日、朝日杯将棋オープン戦決勝で広瀬章人八段を下した
  • 15歳6カ月の史上最年少での一般棋戦優勝で、六段昇段も決定
  • 56勝11敗となり、対局数、勝利数、連勝、勝率で全棋士トップを独走している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング