平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子フリーに出場した韓国の車俊煥(チャ・ジュンファン、16)。冬季五輪フィギュア男子で韓国の選手がフリーに進出したのは1998年の長野大会以来、20年ぶり=17日、江陵(聯合ニュース)
(END)
【江陵聯合ニュース】平昌冬季五輪第9日の17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、韓国の車俊煥(チャ・ジュンファン、16)が165.16点をマークし、合計248.59点で15位に入った。

 車は4回転ジャンプでミスがあったものの、安定した演技を見せ、前日のショートプログラム(83.43点)に続きフリー、合計も自己ベストを更新した。

 また、同種目では1994年リレハンメル大会でチョン・ソンイルが記録した韓国勢の最高成績(17位)を24年ぶりに塗り替えた。

 優勝は羽生結弦(日本、317.85点)、2位は宇野昌磨(日本、306.90点)、3位はハビエル・フェルナンデス(スペイン、305.24点)で、1、2位を日本勢が独占した。羽生はこの種目で66年ぶりとなる五輪2連覇を達成した。