画像提供:マイナビニュース

写真拡大

○SilentCleanupタスクの削除対象からサムネイルキャッシュデータを除外する

Windows 10 バージョン1709に更新すると、画像ファイルを始めとするメディアファイルのサムネイル(縮小表示)作成が何となく遅く感じないだろうか。

本来であれば、エクスプローラーはキャッシュデータを再利用してサムネイルを瞬時に表示できるはずだが、そのキャッシュデータは頻繁にクリアされるようになった。

サムネイルのキャッシュデータは「%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\Explorer」フォルダーに格納されるが、タスクスケジューラの「Microsoft/Windows/DiskCleanup」に登録されている「SilentCleanup」が削除してしまう。

Windows 8.x時代のSilentCleanupタスクは削除対象をDownloaded Program FilesフォルダーやTemporary Internet Filesフォルダーに制限していたが、現在のWindows 10は削除範囲を拡大したようだ。

SilentCleanupタスクの内容は「%windir%\system32\cleanmgr.exe /autoclean /d %systemdrive%」と、ディスククリーンアップを実行しているため、削除対象からサムネイルキャッシュデータを除外すればよい。

囲み1 : サムネイルキャッシュデータの削除を抑制する

reg add "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\VolumeCaches\Thumbnail Cache" /v Autorun /t REG_DWORD /d 0 /f

囲み2 : サムネイルキャッシュデータの削除を抑制する(64ビット版)

reg add "HKLM\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\VolumeCaches\Thumbnail Cache" /v Autorun /t REG_DWORD /d 0 /f

これで、自動メンテナンスなどによってサムネイルキャッシュデータの削除を回避することが可能だ。元の状態に戻す場合は、囲み3の内容を管理者権限のコマンドプロンプトにコピー&ペーストしてほしい。64ビット版Windows 10をお使いの場合は、囲み4も同様に実行する。

囲み3 : サムネイルキャッシュデータの削除を有効にする

reg add "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\VolumeCaches\Thumbnail Cache" /v Autorun /t REG_DWORD /d 1 /f

囲み4 : サムネイルキャッシュデータの削除を有効にする(64ビット版)

reg add "HKLM\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\VolumeCaches\Thumbnail Cache" /v Autorun /t REG_DWORD /d 1 /f

阿久津良和(Cactus)