おうちで作る担々麺とピリ辛肉味噌のアレンジ

写真拡大 (全7枚)

このレシピを試すのにかかる時間

・スープ 約15分
・肉味噌 約20分

担々麺のスープ、あるもので作れます

おそばやうどんは作るけど…ラーメンのスープまでは作らない方も多いですね。

鶏ガラや野菜を使って作う事も多いのですが、担々麺はとても簡単に作っています。

・水 500cc
・昆布 5センチほど
・長ネギの青い部分 適量
・生姜の薄切り 2〜3枚
・醤油 40cc
・鶏ガラスープの素 小さじ2
・豆板醤 小さじ2
・砂糖 小さじ1/2

(攪拌するもの)
・白ゴマ 80g
・干しえび 大さじ1
・水 100cc

水に昆布・長ネギの青い部分・生姜の薄切りを入れ、弱火でゆっくりダシを引きます。
味付けは、醤油・豆板醤などの違い、好みがあるので味見をして、調節してください。
ラーメンのスープは、麺が入るので濃いめに作ってしまいがちですが、肉味噌が濃い味付けなので、濃いめではなく「ちょうどよく」でOKです。

ブレンダー・フードプロセッサーを使ってすりごまを作ります。
芝麻醤 チーマージャン(練りゴマ)を使うのも便利で、なめらかでいいのですが、ちょっと高いので、白ゴマから作ります。

干しエビを少し入れると、コクがあって深い味になります。

作り置きできる「ピリ辛肉みそ」はヘルシーな鶏ムネ肉で

脂の少ない鶏ムネ肉は、高タンパク・低カロリーで便利な食材。
おまけにお値段も安くて助かります。
実は、鶏ムネ肉には嬉しい成分が入っているのです。
疲労回復に効果のあるイミダペプチドが豊富なんですよ。
忙しい女性にも、働き盛りの男性にも、食べてもらいたいお肉なんです。
食感のいいかさまし食品もプラスしてボリューム満点です。
ピリ辛肉みそは、作り置きができるので忙しい方にもオススメです。

ピリ辛肉みその作り方

・鶏ムネ肉 大きめ1枚(350g前後)
・きくらげ 5〜6枚
・エノキ 100g
・おろし生姜 大さじ1
・みじん切り_ニンニク 大さじ1

ピリ辛肉みその味付け
・豆板醤 大さじ3
・オイスターソース 大さじ2
・砂糖 大さじ2
・みそ 大さじ1
・鶏ガラスープの素 小さじ2
・日本酒 大さじ3

鶏ムネ肉は、フードプロセッサーで撹拌
きくらげ・エノキは細かく刻む

フライパンでよく炒め、混ぜ合わせます。
味見をして調整します。

ピリ辛肉みそを使ってパパッと「どんぶり」

この肉味噌は、麺にも合いますが、ごはんとの相性もバッチリです。
また、野菜とも合わせて小さなおかずを一品作ります。
アレンジしやすいので、いろいろ作れます。

あったかーいごはんの上にゆでた野菜、肉味噌と黄卵をのせて。
男性にも喜ばれるどんぶりです。
お弁当に持って行くなら、黄卵を錦糸卵やゆでたまごに替えると、安心です。

レンジで簡単「ピリ辛肉みそのあんかけ」

ピリ辛肉みそのあんかけの作り方

大きめの耐熱容器でレンジ加熱します。

・ピリ辛肉みそ 大さじ4
・水 80cc
・片栗粉 小さじ2
・鶏ガラスープの素 小さじ1
・醤油 小さじ1

よく混ぜて、600〜700wで3分加熱しましたが、様子を見て加減してください。
途中、2〜3回かき混ぜます。

とろみがついたら、蒸したかぼちゃにかけます。
ゆでた白菜やターツァイにピリ辛あんかけをかけてもおいしいです。

他にもアレンジは、寒い季節に嬉しいお鍋もおすすめです。
野菜、豆腐をお好きな味付けのお鍋にして、ピリ辛肉みそを追加します。
辛いものは、身体を温めてくれます。ピリ辛お料理をお試し下さいね。


【あなたにおすすめの記事】
■“料理家さん家のきちんとごはん”作り置き肉みそでアレンジ8品
■豆乳担担麺で、突然の「ごはん食べてない…」を乗り切る!
■これさえあればごはん作りがラクになる!炒めひき肉アレンジ
■保存がきいてアレンジいろいろ!ドライカレーは使えます!
■寒い日に食べたい!ごま味噌豆乳鍋とリメイクレシピ