ZenFone Max Plus

写真拡大

 ASUS JAPANは2月17日、ZenFoneシリーズ初のアスペクト比18:9のフルビューディスプレイや大容量バッテリを搭載したSIMフリースマートフォン「ZenFone Max Plus(M1)」を発売した。価格はオープンで、税別価格は2万9800円。

 解像度2160×1080ピクセル、縦横比18:9の約5.7インチの超ワイドディスプレイを搭載しつつ、画面占有率を79.8%まで広げた縦型デザインによって、大画面と片手で持ちやすいコンパクトさを兼ね備えた。

 背面には「ZenFone 4」シリーズから採用したデュアルレンズカメラを装備。約1300万画素のメインカメラに加え、ボタン一つで切り替え可能で通常の約2倍ワイドに撮影できる120°の広角レンズのセカンドカメラでは、広大な景色や大人数での記念撮影も1枚に収めることができる。従来の指紋認証に加え、ZenFoneシリーズで初めてインカメラでの顔認証機能にも対応した。

 「Max Plus」の名の通り、大容量4130mAhの超ロングバッテリで、連続待受時間最大約28日間を実現。連続通話なら約45時間、Webブラウジング約20時間もつ。また、「リバースチャージ機能」を備えた「Max」シリーズ共通の特徴として、付属のOTGケーブルを利用すると、いざという際にモバイルバッテリ代わりに使える。

 2枚のSIMとmicroSDカードを同時に使用できるトリプルカードスロットに対応し、2つの番号を同時待受けできるデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)にも対応している。

 カラーはディープシーブラック(ZB570TL-BK32S4)、サンライトゴールド(サンライトゴールド)、アズールシルバー(アズールシルバー)の3色。OSはAndroid 7.0。サイズは約幅73.3×高さ152.6×奥行き8.8mmで、重さは約160g。