仕事の合間にできる骨盤運動 骨盤を動かすと同時に、腹筋と背筋に刺激を与える運動。腰に手をあてて押し、骨盤を前にゆっくりと押し出す。「痛気持ちいい」と感じるところで止めて、またゆっくり戻す。お尻をきゅっと締めるように。1日1回でもいいので、5分ほど行う。

写真拡大

加齢が引き起こす体の不調。放置していれば、取り返しのつかない事態を招くこともある。「プレジデント」(2018年1月1日号)より、9つの部位別に、名医による万全の予防策を紹介しよう。第3回のテーマは「腰」――。

■腰痛の85%は原因の特定ができない

年齢を問わず、腰痛に悩まされる人は少なくありません。腰痛を大きく分けると、突然激しい痛みが走る「急性腰痛」と、3カ月以上痛みが続く「慢性腰痛」があり、両方とも、原因が特定できなかったり、複数の要因が絡み合っていることが多くあります。

腰痛の人の85%が原因の特定できない「非特異的腰痛」です。医師から「坐骨神経痛」「腰痛症」と診断されたら、原因となる病気が特定できていないと考えていいでしょう。非特異的腰痛のうち、約3分の1の人が、心理・社会的原因、つまり「精神的なストレス、不安、うつ」が加わった「非器質性疼痛(とうつう)」と考えられます。たとえば、急性腰痛の1つである「ぎっくり腰」は、腰椎を支える椎間関節が少しずれてしまっている状態を指しますが、その原因には「心理的要因」が関与している場合もあります。

痛みには、体の一部が損傷し、炎症によって痛みを感じる「侵害受容性疼痛」、神経の働きが悪くなって起こる「神経障害性疼痛」、心理的要因による「非器質性疼痛」があり、腰痛はこれのどれか1つではなく、絡み合って起こることが多いのです。慢性腰痛の1つ「椎間板ヘルニア」の人でも「非器質性疼痛」が主な原因の場合もあり、椎間板ヘルニア自体が腰痛の原因ではない場合も少なくありません。

■痛みを抑制する脳の機能が低下する

ではストレスが原因というなら、この腰の痛みは「気のせい」かといえば、そうではありません。腰痛は確かに存在します。痛みを感じる人は、「心理・社会的原因」である「精神的なストレス、不安、うつ」にずっとさらされていることで、痛みが何倍にも強くなって出てしまっている可能性があるのです。

ほとんどの動物は、ある一定の姿勢をとらなければいけない場合に、無意識のうちに痛みを抑制する「下行性疼痛抑制系」という体内システムが働きます。たとえば、交通事故でけがを負った直後の人はあまり痛みを感じないのですが、病院に着いた途端に激痛が走ります。

痛みを感じたとき、脳内の腹側被蓋野から神経伝達物質であるドーパミンが大量に出ます。すると脳の側坐核でμ−オピオイドという脳内麻薬が大量に産出され、下行性疼痛抑制系が活発に働き出して、「いま、痛いのだけど、痛くない」としてしまうのです。

ところが、ストレスや不安やうつにさらされていると、このシステムが正常に働かなくなります。そのため、腰の治療を一生懸命やっても、本来の痛みを抑制する脳の機能が低下しているので、それを戻してあげないと腰の痛みがよくならないのです。

■毎日の「散歩」が効果的でおすすめ

表は、整形外科で患者の精神医学的問題を知るために使われている簡易問診票です。30点満点中、15点を超えると「心理・社会的要因」が高めの傾向があります。総じて点数が高いのは、デスクワーク時間の多い人です。常に考えなければならなくて、締め切りもあって、ずっと追い立てられている職業の人は、相当ストレスを抱えています。

運動器に関連する疼痛の発生頻度を職業別に見ると、事務系が断トツです。特に大都会の30〜50代の事務系が高いという結果が出ています。この落ちてしまっている機能を活発に、元に戻す方法は、「好きな音楽」「食べ物」「画像」「香り」、そういったものを、毎日、一定時間、生活の中に取り入れることです。

おすすめは散歩です。街を歩くといろいろな画像が目に入り、音が聞こえ、においも感じる。ストレス軽減に必要なものが全部揃っています。マインドフルネスも有効です。姿勢を正して目を閉じてゆっくり呼吸しながら瞑想します。それだけで痛みを抑制する脳内物質がたくさん出ることが科学的にも証明されています。

■整形外科での早期発見、早期治療が有効

最大の問題は「毎日続ける」ことです。気分転換になるとはいえ、継続するとなるとストレスになる人が多いので、つまらないものではダメです。仲のいい人とペアや集団で行いましょう。過度な運動は逆効果ですから、ストイックになりすぎないこと。

正しい腰の反りと姿勢を保つことも重要です。骨盤を動かし、腹筋力・背筋力を鍛えます。毎日5分でいいから、腹筋と背筋に刺激を与えて骨盤を動かしましょう。

それでも改善しない場合は、整形外科医の判断に従った治療が必要です。下行性疼痛抑制系の働きをよくしてくれる薬の処方をするなど、さまざまな方法があります。

腰痛に悩む人には、痛みに囚われてしまっている人も多く見られます。たとえ手術をしても、ある程度腰痛は残ります。治療の効果は、どれぐらい生活の質が向上したかで判断しましょう。

最後に、高齢者に急増中の疾患を紹介します。日本で365万人の患者数が確認されているのが「腰部脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)」です。50代くらいから増えはじめ、70代では10人に1人といわれています。腰椎には神経の通る管状の空間「脊柱管」があります。加齢によって背骨の変形などが起こると、この脊柱管が狭くなり、中を通っている神経の束が圧迫されます。それにより足の痛みやしびれを伴います。

歩くことによって腰痛のほか足の痛みやしびれといった初期症状が出たら、整形外科での早期発見、早期治療が有効です。腰ではなくて足の痛みだけということもありますから、整形外科で神経障害がどこにきているかを明らかにしてもらいましょう。薬や注射、理学療法、物理療法によってかなりよくなります。

----------

▼POINT!
・どこから始まる?
突然の激しい痛みの場合は、すぐに整形外科へ。ゆるい腰の痛みが数カ月続く場合は、ストレスが原因のこともある。
・最悪の場合は?
「精神的なストレス」が強いと、痛みが何倍にも強くなることも。重度のうつと併発すると、精神科と連携した長期の治療が必要に。
・予防・改善策は?
快感は痛みを抑制するため、適度な運動と気分転換を。どんな腰痛も完治は難しいので、いまよりよくなることを目標に。

----------

----------

紺野愼一
福島県立医科大学副学長
理事、医学部整形外科学講座教授、同附属病院診療科部長、医学博士。日本腰痛学会理事長などを務め、脊柱管狭窄症などの研究に携わる。著書に『あなたの腰痛が治りにくい本当の理由』。
 

----------

(福島県立医科大学副学長 紺野 愼一 構成=干川美奈子 撮影=向井 渉)