彼氏と結婚したい。なのに、肝心の彼から結婚のけの字も出ない。何の準備もしてくれない。そんな彼が動き出すのを待っていたら、あっという間に今年が終わっちゃう!

彼との結婚を本気で考えているなら、あなたの気持ちを届けないと成就しません。一体どうすればプロポーズ待ち状態から抜け出せるのか?今回は、のんべんくらりとした彼氏に結婚を意識させるコツをご紹介します。

できることから彼のサポートをする

多くの男性が女性に対して、癒し・支え・サポートを求めています。それは、職場で常に成果を求められ続けるから。緊張状態が続くものの、いくら頑張っても褒められたり認められたりすることはありません。そのため家ではリラックスし、自分の才能や経験を評価してくれる人がほしいのです。

彼にキツイ言葉をかけたり、自分の思い通りにしようとしたり、強気の態度で接したりすれば、「この子と結婚しても幸せになれそうもないな」と思われてしまいます。だから、どうしても仕事が忙しすぎて余裕がない女性や、遊びや外見にお金をかける派手好き女性よりも、自分の後ろをついてくる女性を選びたくなってしまうのです。

バリバリ働くのは良しとしても、彼といるときはサポート役に徹することが大事。困らせたり張り合ったりせず、困ったときは支えになってあげる、機嫌が悪そうなときは話を聞いてあげる。すると、「この子と結婚したいな」と思われやすくなります。彼がどんな部分でサポートを求めているのか、一度、聞いてみては?

いつも機嫌よくしている

帰ってきたら、なぜか奥さんがぶすっとしている。なだめようとしても、「自分で考えたら?」などと言われる。こんな家庭、誰だって嫌ですよね。いかにも「わたしの機嫌を直して!」という態度では、一緒にいるだけで疲れてしまいます。

自分の感情をコントロールし、あまり波がないようにすること。できるだけ、いつもニコニコしていること。これも「この子と結婚したら幸せになれそう」と思われやすくなるポイントです。男性は女性ほど、察するのが得意ではありません。察してアピールをせず、「こうしてほしい」と素直に提案することが結婚につながります。

幸せな結婚生活とは何かを話し合う

週末にデートをして、そのままお泊り。たまに旅行に行って、リフレッシュ。それだけでも十分幸せなことですが、結婚や出産を意識している女性にとっては、ずっと今の状態が続くことに納得がいかないでしょう。

いつまでも中途半端な状態を続けられたら、イライラしてしまいがちですよね。ただし、そこでSNSで結婚したいアピールをしたり、結婚情報誌をさりげなく置いたりするのはNG。彼に結婚を意識させたいなら、徹底的に話し合いましょう。

今、彼がどんな気持ちでいるのか、将来についてどう考えているのか確認しながら、幸せな結婚生活とは一体どんな状態なのかも話し合うと、お互いの方向性を調節できます。

ストレートに聞きにくい場合は、「どんな結婚がしてみたい?」と聞いて彼の理想の結婚イメージを引き出してみる、「どんな夫婦に憧れる?」と聞いて素敵な夫婦のエピソードを教えてもらう、なんてのもアリですよ。

家族ぐるみの付き合いにシフトする

ただ、彼といくら話しても、なかなか結婚まで進まないこともしばしば。そんなときは、家族の力も借りながら周りから固めるのもひとつです。まずは、お付き合いしている以上、それぞれの家族に対して簡単なご挨拶も必要。

彼にも「一度、会わせてほしい(会ってほしい)」と伝えれば、結婚はともかく、家族に会う機会は作ってくれるはずです。彼の両親だけに会うのではなく、彼にも自分の両親と会ってもらいましょう。

少しずつでも家族との交流する機会をつくることで、彼もさすがに彼女が結婚を意識し始めたことを理解してくれます。特に、直接言っても動く気配がない彼なら、周りからどんどん固めることが大事です。

自分の両親には事情を説明しておいて、あえて彼にプレッシャーをかけてもらうのも賢いやり方と言えます。

彼にとって自慢の彼女になる

彼氏に結婚を意識させる最大のコツは、彼にとって自慢の彼女になることです。自分自身が成長し、「俺の彼女ってこんなにスゴイんだ!」と周りに言わせたくなるような女性になれば、すぐにプロポーズされます。

これは外見だけではありません。どんなに美しくても、彼の理想とする女性像から離れていては意味がありません。彼が喜ぶようなメンタル、マインドを知り、身につけていきましょう。

実業家の与沢翼さんは妻の相原麻美さんと結婚したとき、「一番の理由は、私の夢を見守ってくれる忍耐を持っていると思ったから。これが一番大きかったです」とブログに書いています。「こちらを安心させてくれ、安定させてくれ、仕事に100%フルで向かわせてくれる女、このタイプは少ないです」とも。

例えば、彼がやりたいことを応援してあげる、彼が喜ぶようなことをしてあげる。これを続けていれば、きっと自慢の彼女になれるはずですよ。

自分の言動を変えればプロポーズはすぐ!

要するに、彼氏に結婚を意識させたいなら変化球で勝負すること!真正面から「結婚したいんだけど!」とぶつかるのではなく、自分を変えたり周囲を巻き込んだりすることで、彼が結婚を意識しやすくなります。

一番気をつけなければいけないのは、結婚のプレッシャーをかけすぎて、彼が別れようか考え出さないようにすること。ほどよく圧をかけつつも、彼の様子を見ながら少しずつスピード上げてみましょう。