私の雑居ビル飲食店愛はかなり深い。そして2017年の5月、雑居ビル前で発見した『S茶房』の看板……。雑居ビルの3Fである。入りづらい、マジ入りづらい……。しかし好奇心には勝てずに勇気を出して入ってみると……。そこはまさに「秘境」であった。

吉祥寺の秘境は、珍しい中国茶を販売するあそこだよ、の件

私の雑居ビル飲食店愛はかなり深い(連載第7回を参照)。

そして、2017年5月に末広通りの入り口付近の雑居ビル前で発見した『S茶房』の看板……。

雑居ビルの3Fである。

入りづらい、マジ入りづらい……。

しかし、好奇心には勝てずに勇気を出して入ってみると……。

あら? 

店内はすごく明るくて、店主はなんだかフレンドリー。

どうぞ、とていねいに案内されると、そこは中国茶販売の店でした。

もっと魔窟のような喫茶店というイメージだったが……。

試飲スペースに腰かけると、「飲みたいお茶があったら、どんどん言ってくださいね!」と言われ、中国茶の一覧に目を落とすと……。

そこには見たこともない世界が展開されていたのであった。

『百年 紅岩茶』って何? 100年……? 

『野生古樹紅茶』は樹齢500年とか書いてあるけど、何ですかこれは? 

中国の雲南省にある野生の紅茶の木が樹齢500年で、その茶葉が今、吉祥寺にあって、私が飲んでいるんですか……! 

なんだか、雄大すぎてめまいがする。そしてワイルドな風味で美味しいよ……。

キミたち、遠くからよく来たね……、

そんな気持ちになって、なんだか感動が襲ってきた。

あとこの樹齢800年って……! 

みたいな展開が延々続く……。

ここは秘境? 吉祥寺だけど秘境ですか?

イラスト/スタジヲワンツー

珍しくて、貴重で、激レアなお茶が集い、試飲できる店、そこが「秘境」!

実は、この店の中国茶はとっても珍しく、貴重なものがそろっているのであった。

しかも、それが惜しげもなく試飲できるのである。

商売として成立しているのだろうか? とふと不安になるおっさん女子……。

さらに、中国茶試飲用にお菓子まで作っているようで(オリジナルの特別発注)、もちろんお菓子も無料で、お・も・て・な・し。

思いがけないおもてなしに、なんだか、ほのぼの&ほっこり。

しかも、ほかのお客さんが試飲したいと希望したものを、その場にいる他のお客さんにもシェア。

私はぐびぐび試飲し続け、気が付いたら2時間くらいたっていましたとさ。

時空が歪んでるよ、この店は……。

もしかして、秘境? 吉祥寺だけど、私、地元民だけど、ここって秘境?

しかも、店主のトークが楽しく、おひとり様&ぼっちでも全然OKな雰囲気。

ちなみに店名になっている◎◎ってどういう意味ですか? と聞いたら『◎◎っていうのは、“お姉さんのような”美人のことを中国語で青眉、蛾眉っていうんです。

中国では眉の形が美人の象徴なんですね』と語る。

ちなみに“お姉さんのような”とは、わたしくのこと。

おっさん女子のことである。店主はトークが冴えてるよ……(涙)。

お気遣いありがとう。

さすが客商売……。

秘境体験の入門編として? 秘境の中に「プチ喫茶」。

中国茶は、20gからの量り売り。

ちなみに20gだと、お茶のポットで4〜5回分。

しかも、その場で量って袋にパウチしてくれるんだけど、これが気前のいいお惣菜屋さんを彷彿とさせる量りっぷり。

ちょっとオーバーしちゃってるけど、じゃあこれで20gね! みたいな(笑)。

けっこうオーバーしてましたけど……。

商売的には大丈夫なんですか……?

頼めば、「20gを10gづつ2袋に分けて……」みたいなパウチにも対応してくれるので、友達にプレゼントとか、ちょっとした手土産にもおすすめ。

あと、水中花みたいな『菊茶』『薔薇茶』などもあって、若い娘さんへのプレゼントにすると、モテる気がする(自己責任でどうぞ!)。

私は、吉祥寺在住の知り合い女子に『菊茶』をおすそ分けしたら、後日この店の『野生古樹紅茶』がお返しに帰ってきた。わらしべ長者のようです……。

そして最近、プチ喫茶も開始している模様。

ウーロン茶+お菓子で500円だ。

とりあえずお店の中に踏み入ってみたい人にはおすすめ。

さらに、ちょっと間をあけて、店に行ってみると、また見たことのない中国茶が!!!

あの店主、たぶん本当の秘境に、買い付けに行っているな……!

天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま〜に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。