「お水がいらない」麺シリーズ タンメンと味噌ラーメン発売

写真拡大

 忙しい日は、お昼ぐらい手軽にさっと食べたいもの。キンレイ(京都市)は、鍋に入れ、水要らずの調理で食べられる冷凍食品「お水がいらない」シリーズから、人気のタンメンを商品化した「お水がいらない 1/2日分の国産野菜が摂れるタンメン 菜宝(さいほう)」と、幸楽苑監修の「お水がいらない 味噌野菜らーめん幸楽苑」を2月20日(火)に発売する。タンメンには、モヤシ・キャベツ・ニンジン・タマネギ・ホウレンソウ・ニラが使われており、(厚生労働省による)1日あたりの野菜摂取目標量・350gの約1/2(生野菜換算)を国産野菜で摂取できる。人気ラーメンチェーン「幸楽苑」が監修した「味噌野菜らーめん」には、キャベツ・タマネギ・ニンジン・ニラ・豚ミンチ・きくらげなどが使われている。いずれもオープン価格。

 どちらも水を計量したりする必要がないから、食べたいときにさっと食べることができる。