ひと目惚れだった。店構えに「ただものでない感」があり、紺に白字を染め抜いた『佐原屋』の暖簾をくぐった。

佐原屋本店(最寄駅:御徒町駅)

「鮭焼いて」「もう火落としちゃった」。おなじみさんと女将の会話がなんだかうれしい。きっと長年営んできた店にしか出せない空気なのだ。黒板には「レバテキ」「沖漬け」「煮こごり」……呑んべえを泣かせるつまみ揃い。聞けば、今年70年目を迎える老舗だという。「5年前に建て替えてから、ふらっと入ってくれるお客さんも増えたんですよ」と貴子さん。たくさんのおなじみさんに、私のような「ぶらり客」が混じり、心地よい酒場になっているのだなあ。ひと目惚れは続く。いや、行くたびに惚れ直している。

レバテキ

独自の味付けでひと晩漬け込むレバテキ。

湯豆腐

ホタルイカ

春の味覚ホタルイカ

菜の花

ほろ苦い菜の花など定番に加わる旬のメニューが魅力的

佐原屋本店

東京都台東区上野5-27-5 [TEL]03-3831-6388 [営業時間]17時〜23時 [休日]土・日・祝 [席]カウンター13席、テーブル25席 計38席/喫煙可/予約可/カード不可/お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか御徒町駅すぐ