点滴連続中毒死事件の旧「大口病院」入院患者の受け入れを再開へ

ざっくり言うと

  • 2016年に点滴連続中毒死事件が起きた、横浜市神奈川区の旧「大口病院」
  • 2月中にも入院患者の受け入れを再開する方針であることが16日に分かった
  • 入院患者の受け入れは、ワンフロア20床規模で再開予定だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング