(写真提供=SPORTS KOREA)チャン・グンソク

写真拡大 (全5枚)

ケンカ最強――。男なら誰もが一度は憧れるそのフレーズに、最もふさわしい韓流スターは誰だろうか。

まず注目したいのは、俳優のチャン・ヒョクだ。

10年以上「ジークンドー」という格闘技を続けているという。聞きなれない格闘技だが、あのブルース・リーが生み出した武道で、カンフーの技術にボクシング、柔道、フェンシングなどのエッセンスを取り入れた実践型格闘技だ。


(写真提供=SPORTS KOREA)チャン・ヒョク


ドラマ『チュノ〜推奴〜』『根の深い木』で見せたアクションの数々も、ガチ武道を修練しているチャン・ヒョクには物足りなかったかもしれない。

タレントとしても活躍する歌手キム・ジョングクもテコンドーの有段者で、韓国芸能界では名を馳せる強者の一人。テコンドーだけでなく、セミプロのボクシング大会でも好成績を残しているというのだから驚きだ。

格闘家俳優を挙げるのならば、ナ・ハニルを紹介しないわけにはいかないだろう。彼は「海東剣道」の第一人者で、韓国海東剣道協会の総裁でもある。2008年には『朝鮮日報』のインタビューで、「芸能人の中であなたが一番強いのでは?」との質問を投げられたほどの強豪だ。

そんなナ・ハニルが同インタビューで、「自分より強い」と認めた芸能人がいる。

まず一人目は、”韓流時代劇王”と称されるチェ・スジョンだ。背は決して高くないものの、目を凝らしてみるとがっしりした体躯の持ち主と気付く。特にふくらはぎは運動選手さながらだ。


(写真提供=SPORTS KOREA)チェ・スジョン


チェ・スジョンにはこんなエピソードもある。以前彼は、俳優のチェ・ミンスと酒の席をともにしたことがあったという。チェ・ミンスは剣道4段の達人で、各種格闘技を熟達している手練の一人だ。

その場で、後輩でありながら生意気な態度をとったチェ・ミンスに、チェ・スジョンが激怒。事態は殴り合いにまで深刻化したが、雌雄が決するまでに長い時間はかからなかった。チェ・スジョンが圧勝し、チェ・ミンスも自分の非を認めたからだ。

強面男の前で仁王立ちしたチャン・グンソク

ナ・ハニル自身も「チェ・スジョンと手合わせして敵わなかった」と明かしたのだが、同インタビューで彼は「芸能界最強は、イム・ソンフン先輩」とも述べている。

MCとして知られているイム・ソンフンは、数十年間カンフーを学び、5種の動物の姿を形象した五形拳の使い手とされている。とうに還暦を超えている強豪という点で、”韓国の草野仁”といったところだろうか。

では、イケメンどころでよく名前が挙がるのは? ずばりチャ・スンウォンとクォン・サンウだ。

チャ・スンウォンの188cmの長身に運動で鍛えた肉体、そしてクォン・サンウの彫刻のような筋肉は、実戦向きと評判。特にクォン・サンウは陸軍訓練所で兵役中に分隊長を務めており、その実力は想像に難くない。

もっとも圧倒的な筋肉量という観点いくと、マ・ドンソクに勝る者はいないだろう。

日本で公開された映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』などに出演した人気俳優なのだが、今にもはじけそうな胸筋はまさに桁外れ。そのアジア人離れした肉塊が見せかけではないのだから、手がつけられない。

(参考記事:“国民的俳優”に、あの“反日映画”主演俳優も。2017年に最も輝いた韓国映画俳優TOP10は?


(写真提供=SPORTS KOREA)マ・ドンソク


実際マ・ドンソクは、UFCヘビー級チャンピオンだったケビン・ランデルマンやマーク・コールマンのフィジカルトレーナーで、一時は「選手になってくれ」との嘆願も受けたという。”スクリーンの怪物”という異名は、だてではない。

ただ、ケンカで重要なのは肉体だけでなく、度胸にあるともいえる。その意味で特筆したいのがチャン・グンソクだ。


(写真提供=SPORTS KOREA)チャン・グンソク


ある週刊誌によると、チャン・グンソクがお忍びで歌舞伎町に来たとき、彼の前に強面男が立ちふさがる事態が起こったという。突然のことに、オロオロする周囲の取り巻き。

その中で、チャン・グンソクだけは少しも臆することなく、仁王立ちしていたそうだ。肝の据わり方だけなら、韓流スターNo.1かもしれない。

まさに群雄割拠といえる韓流スター・ケンカ最強の座。今後、さらなる豪傑の登場に期待せずにはいられない。

(文=S-KOREA編集部)