シャッターを閉ざす店が多く見られる中央通り(筆者撮影)

江戸時代から新河岸川の水運で江戸とつながり、“小江戸”として栄えた埼玉県中央部の観光地・川越市を訪れた観光客数は、2006年に550万人だったのが、2016年には704万人にまで増えている。都心からのアクセスのよさに加え、“蔵造りの町並み”を中心とする歴史的な景観保存・活用による、観光地としてのブランディングに成功したのが主な理由だろう。

一方で、課題もある。JR線と東武東上線が乗り入れる川越駅から西武新宿線の本川越駅一帯を中心とする市街地南部の“商業エリア”と、蔵造りの町並みなどが広がる市街地北部の“観光エリア”には人が集まるが、その結節点に当たる“中央通り周辺エリア”に人の流れが少なく、シャッターを閉ざす店が多く見られるのだ。

本稿では、“川越中央通り「昭和の街」を楽しく賑やかなまちにする会”(以下、昭和の街の会)会長の岩澤勝己さんと川越市担当部署の話を聞き、民間と行政双方による、中央通り周辺エリアの活性化に向けた取り組みについてリポートする。

かつて、にぎわいを見せた中央通り

まずは、周辺エリアの位置関係を簡単に整理しておこう。西武線の本川越駅東口から北に向かい、「連雀町(れんじゃくちょう)」交差点を経由し、「仲町(なかちょう)」交差点に至る約700メートルの県道が中央通りと呼ばれている。


「看板建築」は、通りに面した西洋風の壁面の後ろが木造家屋になっている(筆者撮影)

そして、仲町交差点のさらに北側には、いわゆる蔵造りの町並みで知られる「一番街商店街」がある。昭和の街の会が活動を行っているのは、このうちの連雀町交差点から仲町交差点に至る中央通り沿い、および中央通りから延びる路地に面するエリアで、地元の3つの商店会を中心に、現在、約70人の会員がいる。

川越には1893(明治26)年の川越大火後に、防火対策として建てられた蔵造りの町並みがあるほか、中央通りの1本東側には、大正時代の雰囲気を伝える「川越商工会議所」の洋館建築を中心に街づくりを進める「大正浪漫夢通り」がある。昭和の街というネーミングは、「明治、大正と来たら次は昭和だろう」(岩澤さん)というのもあったというが、同エリアの歴史をひもとくと、まさに“昭和そのもの”なのだということがわかる。

川越市街地を南北に結ぶ道としては、現在の大正浪漫夢通りから、新富町商店街、クレアモール商店街を経由し、川越駅(当時は川越西町駅)へ至る通りが先にあり、その西側に、現在の中央通りが開通したのが、1933(昭和8)年のことだ。

そのため、中央通り周辺には、今も当時に建てられた「看板建築」と呼ばれる様式の建物が数多く残されている。看板建築とは、当時流行した洋風建築を建てるのが難しかった商店が、伝統的な町家を建て、道路に面した建物前面に看板のような洋風の壁面を取り付けた“擬洋風建築”のことをいう。この様式は関東大震災後に流行し、都内でも上野や神田あたりで多く見られた。

このエリアで、中央通りよりも、より古い歴史を持つのが、「立門前(たつもんぜん)通り」だ。江戸時代、川越は10の町人地である「十ヵ町」と4つの寺の門前町である「四門前(しもんぜん)」を中心に町割りが行われた歴史がある。中央通り周辺地域の中心となっている蓮馨寺(れんけいじ)から東西に延びる立門前通りは、今は中央通りに交差する路地の1つのようになっているが、かつては、古くからの繁華街としてにぎわった。

今の静かな町並みからは想像しづらいが、全盛期の昭和30〜40年代頃には、パチンコ店やダンスホールのみならず、ストリップ劇場や風俗店もあったという。

なぜ、街の活性化の取り組みが遅れたのか

ここで、川越の市街地全体の盛衰を俯瞰(ふかん)する。一番街商店街や中央通りを含む北側の旧市街地から川越駅周辺の南側に街の“にぎわい”が移り始めたのは、1960年代に入った頃からだ。


「昭和の街の会」会長の岩澤勝己さん(筆者撮影)

その後、一番街商店街では、1971年に川越最古の蔵造り「大沢家住宅」が国の重要文化財の指定を受けたのを契機に、1970年代から1980年代にかけて蔵造りの町並みの価値が見直されるようになる。そして、1983年に若手商店主を中心とした「川越蔵の会」が発足し、以後、官民連携して町並みの保存・活用と商店街活性化の取り組みを行ってきた。

一方、中央通りで昭和の街の会が発足したのは、2014年5月であり、わずか4年前にすぎない。街の活性化の取り組みのスタートが遅れたのは、今でこそ大分県の豊後高田市などで“昭和”をテーマにした町おこしの成功事例が出てきているものの、少し前までは昭和の町並みに観光資源としての価値を見いだしづらかったということがある。加えて、岩澤さんの口から語られたのは、もっと根深い理由だった。

中央通りは1933年に開通した直後、1936年に都市計画道路に指定された。その後、80年以上にわたり、事業着手されないままになっている。

このことは、ひとたび都市計画が事業着手されれば、道路の拡幅のため、セットバックが行われる可能性があることを意味する。「都市計画に着手されれば、立ち退かなければならない商店主たちは、店舗への投資意欲を削がれてきた。また、後継者を育てる意欲も失われていたのではないか」と岩澤さんは言う。


20メートル道路に拡幅工事が行われている中央通りの連雀町以南エリア(筆者撮影)

実際に、中央通りの本川越駅前から連雀町以南エリアでは、現在、幅員11メートルから20メートルへの道路拡幅工事が行われており、セットバックにより、道路西側の古い町並みが消失するなど、景観は一変した。

さて、昭和の街の会の活動は2つの柱から成る。1つは、上記の道路問題を受け、現行の道路幅員のまま町並みを残して街づくりが進められるよう、道路管理者である埼玉県に対して都市計画の変更(道路拡幅の取りやめ)を川越市の支援を受けながら働きかける活動だ。この道路問題を周知する活動を継続してきたかいもあり、2017年9月には、川越市長、地元の国会議員、県会議員そろっての県への計画変更の要請が行われた。

ちなみに一番街商店街では、1999年の伝統的建造物群保存地区の指定と同時に、都市計画が変更されたという経緯がある。

会員から集める年会費だけでは、できることに限界

会の活動のもう1本の柱が、街のブランディングだ。昭和の街を実際に訪れてみると、昭和の街であることを示す看板や、昭和らしい字体の看板を掲げた店舗などがあるわけではない。一見して昭和を感じるような、“わかりやすい”観光エリアではないという印象だ。

この点について岩澤さんは、「看板を設置することは、会を立ち上げた当初から話に出ていたが、使える補助金も限られ、会員からいただく1000円の年会費だけでは、できることに限界がある」と話す。景観の保存という意味では、むしろ、看板など設置しないほうがいいという意見もあろうが、やはり観光としては物足りない。

そこで、昭和の街の会では、川越市内ではどこよりもイベントが多いといわれるほど、数多くのイベントを仕掛けている。中でも面白いと感じたのが、昨年、昭和の日(4月29日)に行われた 「コッペパンデー」だ。

「街中で昭和のコスプレをしてお客さんをお出迎えし、無料配布した昔懐かしいコッペパンに、街で購入したものを挟んで食べていただいた」(岩澤さん)というように、楽しみながら昭和を感じられるイベントの考案に知恵を絞っている。もちろん、イベントで物販を行えば、ある程度の収入も見込める。

さらに岩澤さんは「イベントを通じて観光客や市民の皆さんに昭和の街を認知してもらうことは大事だが、より重要と考えるのは、この街に住む人たちに自分たちの住んでいる街が価値のある面白いものだと気づいてもらうこと」だといい、人々の意識を変え、未来へとつなげていく活動こそが重要であるとする。

一方で、行政の側も、手をこまねいているわけではない。

いわゆる「まちづくり三法」の1つで、衰退・空洞化する地方都市の中心市街地の状況を是正することを目的とする「中心市街地活性化法」の2014年の改正に伴い、新たに策定した「川越市中心市街地活性化基本計画」(計画期間:2015年4月〜2020年3月)の中で、中央通り周辺を重点的に活性化に取り組むべきエリアと位置づけている。


今は静かな商店街になっている立門前通り。今後、美装化が行われる(筆者撮影)

具体的な事業内容としては、「旧川越織物市場」の再生と立門前通りの美装化がある。旧川越織物市場は、江戸時代末から明治初めにかけ国内屈指の織物の集散地として知られた当時の川越の記憶を今に伝える、1910年築の木造2階建ての建物だ。

市場閉場後、2001年まで長屋住居として使われ、2015年3月に歴史的風致形成建造物に指定された。川越市は土地を取得し、建物の解体調査・部材修復設計・整備工事を行い、ものづくり・まちづくり系の若手アーティスト・クリエーター向けの“インキュベーション施設”として、2020年度中に供用開始することを目指している。

今までとは異なる手法でデザインを決定

これと併せて、2019年度中の完成を目指しているのが、立門前通りの美装化だ。川越市ではこれまでも「菓子屋横丁」ではあめ玉をイメージしたガラスブロックを道の所々に埋め込むなどさまざまな美装化を行ってきたが、立門前通りに関しては、デザインを決める過程で今までとは違った手法を用いたという。

「今までは行政主導でデザイン案を決めてしまうことが多かった。しかし、今回は商店会に加え、沿道の3つの自治会の皆さんにも参加していただき、ワークショップ形式でデザイン案を決めた。これにより、語弊があるかもしれないが、住民の皆さんに道路に対する当事者意識を持っていただけたのではないかと思う。数年前に大雪が降ったときには、(立門前通りの)雪かきをする住民はごくわずかだったが、今年の大雪後には大勢の人が参加したことから、美装化に向けた道路に対する愛着や意識の高まりを感じた」(都市景観課)

さらに、立門前通り沿いには、古くは芝居小屋から始まり、長い間、映画館として親しまれ閉館した「旧鶴川座」もある。築100年以上という歴史のある同館は、中心市街地活性化の起爆剤になりうる施設の1つとして期待されている。現在、所有者や商店会などで、今後の活用に向けた検討を進めているという。路地が美装化され、こうした立ち寄りスポットが徐々に増えていけば、街の回遊性向上も期待できる。


築100年以上が経過する「旧鶴川座」。芝居小屋からはじまり、その後、映画館として日活ロマンポルノなどが上映された(筆者撮影)

“持続可能な街づくり”へのこだわり

さて、話を昭和の街の会の活動に戻す。岩澤さんは、現在の主な活動である道路問題の解決とイベントの開催に加え、次のステージに向けて動き始めている。

街を盛り上げるには商店街を活性化させることが第一だが、中央通り沿いで完全な空き屋になっているのは意外にも、わずかに3軒くらいだという。ほかのシャッターを閉ざしている店舗の多くは、家屋に住んではいるものの、商売をやめて仕舞屋(しもたや)になっているのだ。

岩澤さんは、こうした店舗にシャッターを開けてショーウィンドーに街の掲示をしてもらうようお願いしたり、この街で商売をしたい人とのパイプ役を担う活動を開始している。

ただし、借りてくれるなら誰でもいいというわけではなく、「できれば昭和の街、もしくはその界隈に住み、一緒に街で暮らしながら長く商売をしてもらえる人を優遇したい」という、“持続可能な街づくり”へのこだわりがある。

各地の観光地の商店街には、地元外の大手資本が入ることが多いが、ひとたび観光が下火になればそれらの企業が撤退し、シャッター商店街に逆戻りしかねない例がたくさんあるからだ。

具体的な方策としては、昭和の街の会が作って会員に配布する「まちづくりの約束」という冊子に、「事業の改廃や新規参入の場合は、事前に“昭和の街の会”に連絡・相談します」という文言を盛り込むとともに、今後は不動産仲介業者にもその旨を徹底していきたいという。

さて、取材を終え、昭和の街の会の活動はまだ始まったばかりという印象を受ける一方、2017年にはエリア内に新たに4店舗の新規開業があったという。その中には26歳の若い店主も含まれ、街の雰囲気が変わり始めるなど、活動の成果は徐々に表れ始めている。