3つの超高層ビルを屋上で連結した構造の「マリーナベイ・サンズ」は、シンガポールを象徴する随一の5つ星ホテルだ(筆者撮影)

「シンガポールは“つまらない”」

先週、シンガポール政府の関連機関である「シンガポールツーリズムボード」が、突如こんな動画をFacebook上にアップした

シンガポールの観光誘致を推し進めるはずの機関が、なぜわざわざPRの逆をいくかのごとく「つまらない」と自虐する動画をアップしたのか?

シンガポールは「つまらない」!?の理由

そもそも、この動画がアップされたきっかけは、TimeOutというウェブメディアが1月30日に発表したランキングにある。世界で最もエキサイティングな都市を、文化や食べ物、住みやすさ、幸福度などを基準に、世界32都市の15000人を対象にアンケート調査したのだが、シンガポールが見事ワースト2位に輝いてしまったのだ。特に、「文化」では最下位を記録、音楽やナイトライフにおいても低い点数をつけている。

このランキングが先月末に発表されるやいなや、シンガポールツーリズムボードが作成したのが先述の動画だ。動画は「VisitSingapore」というシンガポール観光のオフィシャルFacebookページに投稿された。

動画はまず、きらびやかに輝くマリーナベイ・サンズに向かって、勢いよく水を噴くマーライオンというおなじみの映像を映し出す(少し古くなるが、日本では元スマップのメンバーが登場して、軽快に屋上プール沿いを歩くソフトバンクのCMで知る人も多いだろう)。

そこに載せられている字幕が挑戦的だ。


「ここには興奮するようなことは何もない」(画像:Singapore Tourism Boardが作成した動画より)

「イエス、シンガポールはつまらない」

シンガポールの輝きの象徴とも言える景観に、「つまらない」とデカデカと載せたかと思えば、中心部から気軽に行けるリゾート地・セントーサ島のユニバーサルスタジオや、世界中から多くの観客が熱狂する一大イベント・ F1シンガポールグランプリなど、次々に映し出されるシンガポールの華やかな映像にも「ここには興奮するようなことは何もない」とのコメントが踊る。


「すべてがコンクリート」で、「芸術も文化もない」(画像:Singapore Tourism Boardが作成した動画より)

さらには、野生動物も生息する自然豊かなエリアで悠々と小さなボートが浮かぶ様子や、広大な敷地に広がる緑豊かな植物園ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの映像とともに「すべてがコンクリート」の文字。文化に乏しいと指摘されたことに対しても反論するかのように、「芸術も文化もない」との字幕と共に巨大なオブジェが目を引くアートサイエンスミュージアムや、雑多な街並みが魅力のチャイナタウンやリトルインディアなどが続く。

“世界一安い”ミシュラン屋台料理で皮肉

極めつきは、「すべてがとても高額だ」としながら、屋台の安い名物であるサテと呼ばれる東南アジア風の焼き鳥(羊肉や牛肉も)や、世界で初めてミシュラン一つ星を獲得した屋台(「香港油鶏飯麺」Hong Kong Soya Sauce Chicken Rice and Noodle)の甘辛いしょうゆ味の鶏肉を乗せた麺を映し、「ミシュランの食事が2ドル(約170円)」と皮肉る。ちなみに、この一品は世界で“最も安い”ミシュラン星付き料理として知られている。


「すべてがとても高額だ」(画像:Singapore Tourism Boardが作成した動画より)

そして最後に大きな字幕で畳み掛ける。

「私たちはこれ以上どうやったらつまらなくなれますか?」

この動画を最後まで視聴すると、わざわざ自国のことを「つまらない」とアピールする理由が皮肉、かつエッジの効いたジョークであることがわかる。

この動画は、8日時点で15万回以上再生され、2500もの「いいね」がつき、コメントも相次いでいる。

「観光地から抜け出そう。ローカルな庶民が集まる場所で食べ、飲もう」

「生まれた時からシンガポールに住む者として真剣に言わせてもらいたい、私はいまだにこの国を探検し尽くせていない! そして、この国を退屈だという人にはこう言いたい、“観光客”であることをやめて心地よい場所から出てみようじゃないか」


動画へのコメントのキャプチャ画面(画像:Singapore Tourism BoardのFacebookページより)

「私はイギリス人ですがシンガポールが大好き♡ いつ訪れても飽きることはない。いつでも見ること、やることが多くて時間が足りないほどよ」

実は、シンガポール在住の筆者も住む以前はこの国を「つまらない」と考えていた1人である。それは、2泊3日程の旅行や出張などで数回訪れた際の都会的で無機質な印象からだったが、住み始めてからその考えは覆された。

実は奥深いシンガポールの魅力

シンガポール建国前から培われてきた文化や多様な民族による独特の成り立ちは、目を凝らすと街のあらゆるところに透けて見えてくる。

金融街を歩くと、スーツ姿で闊歩するインド人技術者らの姿を多く目にする一方、ひとたびスパイスの香り漂うインド人街(リトルインディア)に足を運べば、イギリス植民地時代にゴムのプランテーションなどでの労働力として重宝された南インドからの移民たちの子孫が、雑多なコミュニティを築き上げている。


スパイスの香りが漂うリトルインディアを訪れると、色鮮やかな衣装に身を包んだインド系移民の家族連れを目にする(筆者撮影)

さらに、その時代にスズ鉱山で働いた中華系の移民たちや、現地のマレー系女性と中華系移民が結婚して生まれたプラナカンと呼ばれる末裔の歴史などはその奥深さに心を奪われる。


プラナカン様式の建築は街中の至る所で目にすることができる(筆者撮影)


(左)マリーナベイ・サンズをバックに悠々とくつろぐ野生のカワウソ /(右)延々と続く海岸沿いにはヤシの木が風にそよぐ。はるか遠くに望むタンカービューも一興だ(ともに筆者撮影)

さらに、人工的に作られた砂浜に興味はないと、当初は見向きもしなかった海岸沿いも実際に早朝ジョギングなどをしてみると、ヤシの木が延々と続く風景は思いのほか美しく、時折姿を見せる野生のミズオオトカゲやカワウソの群れには思わず感動する。はるか遠方の海上に大きな貨物を乗せたタンカーが見えるのも、東南アジアのハブとしてのシンガポールの活況を垣間見るようでなんとも面白い。

建国以前から培われてきた多様な民族模様

穏やかな海岸沿いに広がる緑豊かな公園をそぞろ歩けば、多様な民族模様が見えてくる。朝6時から悠々と太極拳にいそしむのは、高齢の中華系の人たち。おそろいの赤いTシャツなどを着て、毎朝独特の音楽と共にゆっくりとポーズを取る。週末ともなると、出稼ぎに来たフィリピン人ハウスキーパーがどこからともなく大勢集い、陽気な音楽をかけBBQをしながら腰を揺らしてダンスを楽しむ。


週末は出稼ぎのフィリピン人家政婦たちが集い思い思いにBBQや踊りを楽しむ(筆者撮影)

インドから出稼ぎに来た建設労働者たちは、平日の作業着を脱ぎ捨て、カジュアルなTシャツ姿でビーチバレーやクリケットに歓声をあげる。さまざまな民族が思い思いに楽しむその光景は、多様な人種や宗教を受け入れて成り立ってきたシンガポールの素の表情を映し出し、奥深さを醸し出している。観光客が集う中心部に、教会やモスク、ヒンズー教の寺院がほぼ隣り合わせに共存しているのも、この国ならではだろう。

また、シンガポールは東京よりも物価が高い、とよく言われるが、それは現地で日本食や観光客向けのレストランに入った場合だろう。

ローカルの人々の胃袋を満たすのは、公団住宅(HDB)に併設された、ホーカーと呼ばれる屋台群。その数およそ6000軒にも及ぶと言われており、多民族を抱えるシンガポールらしく、中華系、マレー系、インド系、アラブ系などそのラインナップは多様だ。


公団住宅の下にあるホーカー。無数の屋台が地元民の胃袋を満たす(筆者撮影)


1日3食ホーカーで食べても飽きない(筆者撮影)

特筆すべきはその安さとうまさ。1日3食ホーカーで食べても飽きないほど、それぞれの屋台で提供される料理はオリジナリティにあふれる。ホーカーの店主は英語が通じない場合も多いが、身振り手振りで注文は可能、スマート国家シンガポールらしく、最近ではQRコードで支払い可能な屋台も出現している。そんなギャップもある。

観光ガイドに掲載されているモデルルートだけを巡れば、他の東南アジアの国々に比べて、雑多感や人間くささを味わうことはひょっとしたら難しいかもしれない。

しかし、少し目線を落として庶民の暮らしを垣間見ることのできるスポットに足を運び、建国に至るまでの歴史に思いを馳せてみると、そこに広がる風景にも面白味が沸いてくる。建国して52年、少しずつ文化人も集い始め、新たな発想を貪欲に迎え入れて花開く芸術の芽吹きを感じられる。

最先端のイノベーションを日常で体験

イノベーションが急速に進むこの国家では、政府が柔軟に規制緩和を進め、各国企業の新たな技術の“実証実験”の場となっていることもあり、さまざまな先端技術やサービスに、日常生活や旅行中でも触れられる。


高級車の自動販売機(筆者撮影)

世界一の空港と称されるチャンギ国際空港では、生体認証システムで無人化が進み、長蛇の列知らずのスムーズな出入国を体験。もちろん、配車サービスの「Uber」や「Grab」も広く一般に普及しており、手軽に利用可能だ。街中では話題のシェアサイクルを至る所で目にする。中国発の「Mobike」に「Ofo」、シンガポール発の「obike」など、アプリをダウンロードして簡単な手続きを行えばすぐに街中を快適に移動ができる。

さらには、フェラーリやランボルギーニなどの「高級自動車の自動販売機」も話題を呼んでいる。まるで缶ジュースを買うように画面に表示された車の写真を選択すると、たった2分、自動昇降機で実物が降りてくる。


オーナーの男性は「今や観光名所になりつつあるよ」と笑っていた(筆者撮影)

筆者が訪れた時には、すでにフェラーリを所有しているという外資系金融機関に勤めるシンガポール人男性が、新たに別の高級車を中古で気軽に試したいと試乗に来ていた。乗ってみたい数千万円の車を、短期間で買い換えする客も多いようだ。多様なシェアリングエコノミーを生で体感でき、独創的なアイデアの詰まった体験を享受できるのもこの国ならではだろう。

ユーモアたっぷりに仕返し

「つまらない」国との烙印を押される格好になってしまったシンガポールだが、ユーモアたっぷりに仕返しをしたあの動画には、ウィットの効いたコメントを付けて投稿していた。

『ヘイ、TimeOutロンドン。私たちは極めて“つまらない”国だよね ¯\_(ツ)_/¯』