秋葉原の喧噪を抜け、目指すは粋な黒塀。そこだけ時が止まったかのような昭和の風が吹く店、それが『赤津加』だ。

赤津加(最寄駅:秋葉原駅)

店内に入ると、目の前には使い込まれたコの字型カウンター。明るく穏やかな時代に戻ったようで、心がフッと軽くなる。それが、この酒場を愛する最大の理由だ。 創業は昭和29年。若輩&小心者の私はまだカウンターに座れないけど、常連のオジサマたちを横目で見つつ、燗酒で一献。気付けば時間が経ち、いつの間にかほろ酔い、上機嫌になるのが常である。名物の「鶏もつ煮込み」をはじめ、板長が作る季節のおすすめ料理も罪作りなほど酒に合う。しみじみ、いい酒場だなぁ。

鶏もつ煮込み

ぐつぐつ煮込まれ、熱々で供される。30年以上続く名物料理。具は鶏の皮と肝のほか、豆腐、玉ねぎ、コンニャク

のれそれとつぼみ菜のおひたし

本日のおすすめより。淡泊な旨みののれそれと、ほんのりした苦味が爽やかなつぼみ菜のお浸しは春の味わい

吟醸300ml

菊正宗の冷酒3種類

生酒300ml

冷酒180ml

赤津加

東京都千代田区外神田1-10-2 [TEL]03-3251-2585 [営業時間]11時半〜13時半、17時〜22時半、土17時〜21時半 ※ランチタイム有 [休日]日・祝、第1・3土 [席]1階カウンター15席、テーブル4席×2卓、6席×3卓、小上がり5〜10席、2階座敷20席(コースのみ、要予約) 計66〜71席/1階は18時半までに入店する場合のみ予約可/カード不可/禁煙席なし/サなし、お通し代350円別 [交通アクセス]JR山手線ほか秋葉原駅電気街口から徒歩3分