5位で予選を通過した畑岡奈紗、3日目は勝負の1日となる(提供:大会事務局)

写真拡大

<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 2日目◇16日◇クーヨンガGC(6,599ヤード・パー72)>
難コースでの堂々たるプレーは、明らかに2017年とは違った。

「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」2日目。昨日よりも勢いを増した強風に、多くの選手がスコアを伸ばしあぐねた。その中で米ツアー参戦2年目の畑岡奈紗は、4連続を含む6バーディ・1ボギーの“68”をマークし、トータル5アンダーでフィニッシュ。自身ベストとなる単独5位の好位置で予選を突破した。
好スコアの要因となったのはショートゲームだ。トータルパット数は28回と、トップ5の選手で最もいい数字。パーオン率も77%と高い数値をマークし、「今日はセカンドショットがよかった。チャンスにつけられたし、パターでかなり拾えている」と胸を張った。
昨年大会では苦い経験も味わった。この日と同様、2日目に5アンダーの好スコアをたたき出し、トータル4アンダー・20位タイで米ツアー自身初の決勝ラウンドにコマを進めた。しかし、海岸から吹き込む強風に対応できず、3日目に“79”。畑岡本人も「記憶にない」という2度のトリプルボギーを叩き、優勝争いから転がり落ちた。
ほろ苦い決勝デビューから丸1年。一回りも二回りも大きくなった19歳は、会心のラウンド後に納得の表情でうなずいた。「パターもいいし、ショットも昨日よりよくなっている。週末、いいプレーがしたいです」。雪辱を果たす準備はすでに整っている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 2日目の結果
畑岡奈紗、決勝デビューはホロ苦“79” 「記憶にない」トリプルボギー2発
畑岡奈紗が2年目の挑戦へ「東京五輪の金メダルのために大事な年」
1年限りの“戦友” 畑岡奈紗を支えた宮里藍からのアドバイス
【最新ギアコラム】アーニー・エルス、48歳 やさしい道具の伝道師だからこそ結果も出す!