「はじめの第一歩!」の支援として50万円を贈呈

写真拡大

国内男子ツアー「アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ ダイヤモンドカップゴルフ」の大会事務局が、日本ゴルフツアー機構(JGTO)が取り組む環境配慮活動「はじめの第一歩!」の支援として50万円を贈呈した。
【関連】石川遼、薗田峻輔ら理事が一堂に
「はじめの第一歩!」とは、ゴルフやゴルフトーナメントを通じて日本ゴルフツアー機構が行っている地球の環境問題を考えるプロジェクトのこと。ゴルフトーナメントにおけるカーボンオフセットや温室効果ガス削減への取り組み、長野県飯田市にある「ゴルフの森」と名づけた森林の整備活動などを行っている。
同大会では2010年からチャリティで集まったお金の寄付を続けており、昨年はギャラリーや協賛各社、出場選手、ボランティア、開催コースなどが協力、これまでで総額401万8614円が寄贈された。
贈呈式では大会の代表者から、ジャパンゴルフツアー選手会副会長の薗田峻輔へ目録が渡された。薗田は「僕たち選手は、プレーでダイヤモンドカップゴルフを一層盛り上げていくために、一打一打に感謝の気持ちを込めてプレーします」と活躍を誓った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【石川遼・復活優勝へ】従来の“石川スタイル”が、目前の1勝へのカギとなるか
他業界とのコラボ希望…薗田峻輔副会長が考えるツアー活性化とは?
石川遼も期待!男子下部ツアーが全て3日間開催、賞金総額は1500万円〜に
薗田峻輔 チャリティ基金寄贈式に出席「24年目、これからも続けたい」