AppleのスマートスピーカーHomePodの底に取り付けられているシリコン素材のすべりどめにより、特定の木材表面に跡がつく問題について、Appleは公式ページで見解を述べ、跡がついてしまった場合の対処法を提案しています。

対症療法的な対策しか語られず

米家電評価サイトWirecutterの投稿に端を発したHomePodを木材の床面などに置いたときに跡がつく問題ですが、Appleは同メディアに対して、「木の床面からスピーカーを離すと数日で置き跡は改善される」と楽観的に答えたとされています。
 
米メディアAppleInsiderの調査によれば、シリコン系つや出し剤とHomePod底部のシリコンが何らかの反応を起こした可能性があるとのことですが、その後、Appleは公式なコメントをウェブページ上で発表しました。
 
Appleの「HomePodの掃除とケア」ページの「どこにHomePodを設置するか」の部分に、以下の説明が追加されました。

振動減衰のためのシリコン底が取り付けられたスピーカーが特定の木材表面に若干の跡を残すのはめずらしいことではありません。
置き跡は、シリコン底とテーブル表面の間で油分が拡散することによって引き起こされたもので、スピーカーを木材表面から移動させると通常は数日で消えます。消えない場合は、柔らかい濡れた布もしくは乾いた布で拭いてみて下さい。それでも置き跡がとれない場合は、家具の製造者の指示にしたがってクリーニングすることを奨励します。(掲載文は一部省略)

 

Apple


 
 
Source:9to5Mac
Photo:Apple
(lexi)