画像提供:マイナビニュース

写真拡大

原宿から表参道にかけての賑やかなメイン通りを一本中に入ったところに、オシャレなキャンピングトレーラーが目印のカフェ「the AIRSTREAM GARDEN(エアストリームガーデン)」がある。このカフェで2月16日より新メニューとして登場したのが、「RingoRing(リンゴリング)」(350円)というデザート。「オニオンリング」的に輪切りのリンゴに衣をつけて揚げたという、"新感覚ホットスイーツ"を実際に食べてみた。

○揚げ物なのにノー罪悪感な"ギルティフリー"とは

オリジナルブレンドコーヒーなどのドリンクやデザート、平日には日替わりのランチボックス(800円)も販売している「the AIRSTREAM GARDEN」。通常メニューとは別に、さまざまな地域や企業、人物とコラボレーションしたメニューが楽しめるのがこのカフェの特徴の一つとなっている。今回新たに登場したのは、フォトスポットのデザインなどを手掛け注目を集める、現役女子大生デザイナー・辻愛沙子さんとのコラボレーションメニュー「RingoRing」だ。

輪切りにしたリンゴにホットケーキミックスの衣をつけて揚げた、いわゆる"フライドアップル"。甘いリンゴを油で揚げる、という工程にかなりこってりとした仕上がりをイメージしがちだが、リンゴを前日から蜂蜜や紀州梅のフルーツビネガーに漬け込むことで酸味のあるさっぱりとした味わいとなっている。

揚げる前に、シナモンの中にリンゴをくぐらせるのもポイント。揚げ油にはヘルシーなこめ油を使用しているため、フライドスイーツながら軽い感覚に仕上がっている。甘い物や揚げ物が苦手、という人にも是非一度味わっていただきたい。

甘さを求める人は、最後にトッピングする3種類のソース(キャラメル、メープル、チョコレート)からチョコレートを選ぶのがオススメ。ちなみに、キャラメルとチョコレートは自家製ソースとなっている。また、現在リンゴは「サンフジ」を使用しているが、今後季節に合わせて品種を変えていく予定のため、同じメニューでもリンゴの品種によって風味や味わいが変わっていくというのも楽しみだ。

辻さんによると、カロリーなどに対する罪悪感なくスイーツを楽しんでもらいたいと"ギルティフリー"にこだわり、前述のこめ油のほかにも、リンゴを皮ごと加熱することでリンゴに含まれる栄養素の効果を高めているという。開発ではリンゴを漬け込むフルーツビネガーの割合にも試行錯誤するなど、ヘルシーさだけでなく美味しさにもこだわって作られている。

○SNS映え間違いなしのオシャレな空間

「RingoRing」のロゴや店頭ののれんなどのデザインも辻さんが手掛け、あちらこちらにリンゴをモチーフにした可愛い装飾が施されている。オーダーカウンターがあるキャンピングトレーラーやオシャレなウッドデッキなど、まるで海外でカフェに立ち寄ったかのような空間なのも、このカフェの魅力の一つだ。

同店では2種類のブレンドから選べるハンドドリップコーヒー(460円)やエスプレッソ(270円〜)、カフェモカ(520円)などのドリンクを販売しているが、酸味の効いた「RingoRing」にはラテ(460円)がオススメとのこと。こだわりのコーヒーとの"マリアージュ"も是非楽しんでほしい。街歩きや仕事の合間に、美味しいコーヒーとアツアツのリンゴのデザートでホッと一息、リラックスしてみてはいかがだろうか。

※価格は全て税込

information

「the AIRSTREAM GARDEN(エアストリームガーデン)」

所在地: 東京都渋谷区神宮前4-13-8

アクセス: 東京メトロ銀座線・半蔵門・千代田線「表参道駅」から徒歩3分

営業時間: 11:00〜18:00

定休日: 年末年始