お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指す【脱貧困診断】。今回の相談は、江渕すみ代さん(仮名・36歳・広告関連会社勤務)からの質問です。

「36歳、都内でひとり暮らしをしています。給料は額面で42万円、手取りで30万円程度です。月に3万円くらいは貯金しているのですが、生活はギリギリ。月末になると、お財布も心もさみしくなります。

毎月の支出は、家賃が12万円 、光熱費が3万円くらいです。そのほか、通信費と食費、シャンプーや洗剤など、日用品を購入する費用がそれぞれ2万円くらいずつ。交際費は3万円くらいで、あとはコスメや服を買ったり、趣味に使っているお金が5万円ほどあります。冬に光熱費が上がってしまったりすることはありますが、大きく変動はありません。手っ取り早くお金を溜めるには、どこを締めたらいいんでしょうか。うまいコストカット法を教えてください。すでに電気はアンペアをさげたり、コンビニで無駄買いしないようにはしています。どうぞよろしくお願いいたします」

わかりやすくするために、相談者さんの毎月の支出をリストにしてみました。

給与:手取り30万円

■家賃 12万円
■光熱費 3万円
■通信費 2万円
■食費 2万円
■日用品購入費 2万円
■交際費 3万円
■趣味費 5万円

支出を足し算すると、29万円です。3万円コンスタントに貯金するには、あと2万円減らさないといけない計算ですね。さて、どこを締めたらよいのでしょう。森井じゅんさんに教えていただきましょう。

☆☆☆

まずは毎月の出費パターンを知るべし

相談者さんは、「手っ取り早くお金をためたい」のですね。お金を貯めたいけど貯まらないという場合には、まず自分がどんなお金の使い方をしているのかをしっかり把握することが大切です。

これまで、何度かお話してきましたが、出費にはその性質により大きく2つに分類されます。それが「変動費」と「固定費」です。「変動費」は、月によって金額が変動する費用のことです。たとえば食費や日用品費、今月は買うのをやめよう、と思えばやめることも可能なものです。

一方「固定費」は、住居費や保険料、通信費、水道光熱費など、毎月ほぼ一定金額で決まって出ていくものです。これらは、今月だけやめます、ということが難しいものです。この変動費と固定費を知り、自分の出費のパターンを知ることが第一歩です。

すでに節約している人は変動費のコンパクト化は効果薄

相談者さんの提供してくださった内訳を見てみましょう。

先ほどお話したように、食費や日用品は変動費です。また、相談者さんの例では、交際費や美容・ファッション・書籍なども変動費になります。これらの合計は12万円で、手取りの4割にあたります。一方、家賃や通信費、光熱費といった固定費は17万円にのぼり、手取りの6割弱となっています。

言い換えれば、今月やめることのできるすべてを我慢しても17万円、つまり手取りの6割は支払わなければなりません。変動費のうち、食費や日用品はゼロにはできませんから、どんなにギリギリの生活をしても、手取りの8割程度は出ていってしまうことになります。これで冠婚葬祭や急な出費があれば、すぐにマイナスになってしまうでしょう。

ちなみに相談者さんの現在の出費は、変動費と固定費を合わせて29万円です。30万円の手取りとこの出費で3万円を貯金しているのであれば、日々、変動費部分を少しずつ削っていると考えられます。趣味費に5万円とおっしゃっていますが、ここを大きくセーブして、毎日我慢!と考えながら生活をしているのかもしれません。

相談者さんは、コンビニでの無駄買いを避けるなど、変動費部分は意識的にセーブしているようです。しかし、このような状況で変動費を切り詰めても、全体的にあまり効果は期待できません。我慢しているのにお金が出ていく。それは苦しく感じるのも無理はありません。

「家賃は月収の3割」は過去の話

相談者さんの内訳で一番気になるのは、家賃の12万円です。これは手取りの4割を占めます。この家賃帯の物件に住まなくてはならない理由、もしくは譲れない条件があるのでしょうか。もし、そこまで深く考えずにこの家賃を毎月支払っているとしたら、立ち止まって考えてみてください。

「家賃は月収の3割」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。つまり、家賃は月収の3割程度が目安、という考え方です。相談者さんも、月収42万円で12万円の家賃に住んでいるとのことですので、月収の3割程度の物件に住んでいることになります。

しかし今は勤めていればお給料が上がっていった、少し前の時代とは違います。また、月収に占める社会保険料や税金を差し引くと、手取りは月収の8割程度になります。そのような中、月収の3割を家賃に支払ってしまうと、残りは月収の半分です。これはかなり苦しいでしょう。

現在では、毎月の手取り額の3割程度が目安とも言われます。相談者さんの手取りを考えると、9万円程度の家賃が目安になってきます。例えば、9万円程度の家賃に抑えることができれば、そのほかの何も変えずに、それだけで毎月3万円の余裕ができます。

一方で、年功序列や終身雇用の壊れつつある現在の雇用環境などを考えてみても、手取りの3割、というのも少しリスクがあると私は考えます。実際、相談を受ける場合には、月収の2割から2,5割でまず考えてもらうようにアドバイスしています。

もし、相談者さんが、手取りの2割つまり6万円の家賃に抑えることができ、今と同じ生活をしたとすれば、現在の月3万円の貯金を9万円まで上げることも可能です。つまり、手取りの3割を貯金にまわすことができるのです。

変動費の節約より固定費の見直しを

そして、もうひとつ、固定費で考えていただきたいのは、水道光熱費です。相談者さんは一人暮らしでいらっしゃるようですが、電気・水道・ガスで3万円は正直高いです。電気は抑えているようですので、プロパンガスなのかもしれません。一言でガスと言っても、種類があり、プロパンガスは、場合によっては都市ガスの2倍程度となることもあります。そういった面もチェックしてみましょう。

通信費についても2万円というのは削減余地があるように感じます。携帯のプランの見直しや格安スマホなども視野に入れてみてはいかがでしょうか。

実際、節約、といえば食費など変動費に意識が行きがちです。しかし自分の生活を振り返って、変動費がある程度セーブできている場合には、そこに執着するのは逆に危険です。変動費の削減もそれなりに効果はありますが、ストレスになることもあります。節約のしすぎでストレスが溜まってしまっては本末転倒です。また、ある日、たまりにたまったストレスが爆発して大きな浪費につながってしまうことも。

逆に固定費は、毎月当たり前に支払ってしまっている出費です。毎月無駄遣いをしていないのに苦しいといった場合には、固定費がかかりすぎていることが、実際に非常に多いのです。この固定費を見直すことで、日々の切り詰めよりも格段に大きく出費が抑えられることがあります。

価値観やお金の使い方は人それぞれです。そして、必ずしも貯金にこだわりすぎることもおすすめしません。

ただ、自分にとって何が一番大切で、何が譲れないところなのか、をしっかり考えてみてください。自分が重きを置いていないところに大きな固定費が潜んでいれば、それはある意味、支出を抑える大きなチャンスです。まずは、現在の支出・自分の価値観をじっくり見直してみましょう。

安い家賃のところに引っ越すのも選択肢のひとつ。自分の求めるライフスタイルを我慢するのもストレスになります。よく考えてみましょう。

 



■賢人のまとめ
まず、自分がどんなお金の使い方をしているのかをしっかり把握することが大切です。貯金をしたいのであれば、変動費より固定費の見直しが有効です。変動費の節約はストレスになることも。自分が重きを置いていないところに大きな固定費が潜んでいれば、それはある意味、支出を抑える大きなチャンスといえます。

■プロフィール

女子マネーの達人 森井じゅん

1980年生まれ。高校を中退後、大検を取得。レイクランド大学ジャパンキャンパスを経てネバダ州立リノ大学に留学。留学中はカジノの経理部で日常経理を担当。

一女を出産し帰国後、シングルマザーとして子育てをしながら公認会計士資格を取得。平成26年に森井会計事務所を開設し、税務申告業務及びコンサル業務を行なっている。