キャッシュレス化は止まらない! 便利さの影にあるリスクも忘れてはならない

写真拡大

日本でも、キャッシュレス化の波が加速しはじめている。
現在では、クレジットカード決済だけでなく、スマートフォンでの電子決済サービスなど、さまざまなキャッシュレスサービスがはじまっている。

国内のキャッシュレス化は、もうとめられない。

たしかにキャッシュレス決済は、手軽で便利だ。
しかし、その一方で、リスクもあることを忘れてはばらない。

●さまざまなモバイル決済サービスがスタート
中国や北欧諸国などの海外では、すでにキャッシュレス化はかなり進んでいる。
国よっては、現金の使用比率が下がっているという。

そうした世界の流れに対して、日本国内では、まだ現金信仰が強く、キャッシュレス化が、ようやく加速しはじめているところだ。
すでに国内でも海外からの旅行者を多く迎える2020年の東京五輪に向けて、さまざまなサービスが登場しはじめている。

従来、キャッシュレスと言えばクレジットカードやSuicaなどのプリペイドカードを使用するものがメインだったが、現在はスマートフォンを使ったモバイル決済サービスが急増しているのが大きな違いだ。

最近では、みずほ銀行が今春より「スマホデビット決済」のサービスを開始することを発表している。
従来のデビット決済は、物理的なカードを用いてカードを用いて銀行口座から即座に代金を引き落とすことができる決済サービス。
口座残高の範囲でしか支払いができないため、限度を超えた買い物をさせない安全性がメリットだ。

新サービス「スマホデビット決済」は、物理的なカードでなく、スマートフォンを決済端末にかざすだけで支払いができる。
物理的なカードを持ち歩く必要がないため紛失や盗難の心配もなく、スマートフォンだけで決済でるので手軽さも向上する。

モバイル決済サービスには、ほかにプリペイド式の「おサイフケータイ」、iPhoneを使用する「Apple Pay」やAndroidの「Android Pay」、LINEが提供する「LINE Pay」,
そして「ビットコイン」を代表とする仮想通貨などがある。

いずれも、以下のようなメリットがある。
・現金を引き出すために銀行やATMに行く必要がない
・現金を持ち歩くことによる盗難や紛失のリスクがない
・小銭を支払う際の煩わしさがない
・支払い履歴を残せるため、消費傾向を把握しやすい

一方で、次のようなリスクやデメリットもあるということを忘れてはならない。
・サービスによって利用可能な店舗が限られる
・クレジットカードに紐付いている場合、情報流出により不正使用される可能性もある
・サービスによって決済や入金の際に手数料がかかる場合もある
・後払いサービスの場合、使いすぎてしまう
・仮想通貨の場合、取引所の問題により流出が起こりえる

上記のリスクやデメリットを考えると、
・よく利用する店舗で使えるのか?
・決済や入金時の手数料はかかるのか?
・限度額の制限など使いすぎを防ぐ設定は用意されているのか?
・サービスを提供する会社は信用できるか?

上記を忘れずに確認し、サービスを選択する必要がある。

便利なサービスには、リスクも少なからずある。
過信せずに、しっかり見極めて使うことが大事だ。