首位と5打差につけている畑岡奈紗(提供:大会事務局)

写真拡大

<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 2日目◇16日◇クーヨンガGC(6,599ヤード・パー72)>
オーストラリアのクーヨンガGCにて行われている米国女子ツアー第2戦「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」2日目。全選手が前半の競技を終え、初日に4アンダー・3位タイ発進を見せた17歳のアマチュア・山口すず夏はスコアを2つ落とし、後半12番終了時点でトータル2アンダー・15位タイに後退している。
【関連写真】グアムはプレーオフで決着!現地よりLIVE写真を配信中
トータル10アンダー・単独首位にコ・ジヨン(韓国)。3打差2位にエマ・タリー(米国)が、4打差3位タイに日本ツアー通算15勝の申ジエ、ユ・スンヨン(ともに韓国)続いている。
今季2戦目の畑岡奈紗はこの日4連続を含む6つのバーディを奪い、トータル5アンダーで現在単独5位につけている。トータル3アンダー・7位タイに2016年覇者の野村敏京、トータル2アンダー・15位タイにアマチュアの吉田優利。
今季初戦の横峯さくらは11ホールを消化し、トータルイーブンパー・38位タイ。渡邉彩香はトータル8オーバー・118位タイで最終ホールをプレー中。上原彩子はトータル6オーバー・99位タイで2日目の競技を終えている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【最新ギアコラム】アーニー・エルス、48歳 やさしい道具の伝道師だからこそ結果も出す!