大中 公式サイトトップページより

写真拡大

 アジアン・中国雑貨専門店「大中」が、唯一の実店舗となっていた原宿店を3月末に閉店することを発表した。2月17日から店内商品が20〜70%オフになる閉店セールが行われる。
 大中は、ダイエーグループが立ち上げた個性派雑貨店。シンボルであるパンダグッズをはじめ、カラフルな雑貨を展開してきた。1972年に1号店となる「大中 京橋店」を大阪市内にオープンし、一時期は全国に16店舗を展開していたが、現時点では原宿店が唯一の実店舗となっていた。現在の親会社はマルシェガーデン。
 原宿店の閉店は「大中創業から46年、原宿店誕生から37年、ご来店ご利用頂き誠にありがとうございました」という画像とともにTwitterで発表された。