「散歩しているとムスリムの人たちも、ワンちゃんに触っていい?と声をかけてくれる。イスラム国家での犬に関する印象や認識が変わった」という井上ニコさんと愛犬のベイビーちゃん(写真左、筆者撮影)


 「ここは犬のオアシス。イスラム圏だということを忘れてしまう」――。

 イスラム国家、マレーシアに移住して今年の3月で2年になるという井上二コさんは、マレーシアでのこの2年間の生活を振り返って、感慨深げにそう語る。

 大手商社を早期退職し、マレーシアの首都、クアラルンプールで起業した夫について、愛犬のベイビーちゃん(12歳、プードル、男の子)とともに東京から引っ越してきた。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

愛犬を連れて行けるか不安だった

 「仕事で訪れたマレーシアを気に入った夫が、移住したいと言い出したとき、すぐに頭をよぎったのが『イスラム国家か。家族のベイビーを連れて行けるだろうか』」という大きな不安だったという。

 もともと、学生時代にロンドンに住んでいた経験から、海外移住には慣れていたが、イスラム国家は初めてだったからだ。

 また、すでに先人としてマレーシアに移住した夫の商社OBや日本人の移住コーディネーターの人から、「犬を連れていくのは難しい。連れていっても、日本のように自由に散歩したり、暮らしたりするのは大変よ」とアドバイスされたことで、さらにイスラム国家、マレーシアへの移住に躊躇せざるを得なかった。

 しかし、そんな不安は一瞬のうちに消え去った。

 移住を決意する前、クアラルンプールに来て試験的に1か月ほど住み、「イスラム国家でも犬に対する考え方は、国や宗派、さらに個人によってさまざまであること。人間そのものが、“多民族国家”のマレーシアでは、犬に対する考えも多様で寛容であること」が分かったからだ。

 それは、もともと日本人が抱く「イスラム文化では犬はタブー」とする常識を根本から覆すものでもあった。

 犬を敬遠するイスラム宗派はあるが、“グローバル化”による価値観の変化や情報拡散により、近代化するイスラム圏での犬を取り巻く環境や状況は変わってきている。

 マレーシアの例で言えば、多民族国家であるだけでなく、イスラムの教義で、「犬は全くタブーではない」とするスンニ派のマーリクや、「(狂犬病などへの対処から)犬の唾液はだめだが、体に触れることはOK」とする同派のハナフィなどが許されている。

 クアラルンプール市内には、動物病院、ペットホテル、トリミングサロン、ペットショップが散在し、日本にあるようなペット関連のサービスは揃っている。

 クアラルンプール国際空港では、昔から麻薬探知犬が活躍しているし、最近、盲導犬も導入された。日本でも盲導犬の社会的な行動アクセスは改善されておらず、マレーシアでもこれからだが、盲導犬を取り入れる環境に変化が生まれてきているのは確かだ。

盲導犬にレストラン同伴
犬社会への理解が深まるマレーシア

 住まいにおいてもそうだ。

 前述の井上さんの住む「デサ・パークシティ(DPC」は、13エーカーというドッグフレンドリーな公園を含む広大な敷地をもち、2040年頃をめどに完了する総合住宅プロジェクト地域で、現在、段階的に開発されているクアラルンプールの高級住宅街だ。

 居住者の約15%が外国人で、日本人は約2%。まだまだ日本人には知られていない住宅地域だ。

 DPCを開発、運営する「PERDANA PARKCITY SDN.BHD」のジョセフ・ラウCEO(最高経営責任者)は、筆者の取材に応じて次のように話した。

 「アジアの“ビバリーヒルズ”をイメージし、開発中だ。ハイエンドではあるが、地域に特化し、アジアではまだまだ確立されていない地域のコミュニティー構築のハブ的存在になればと願っている」

 また、成長著しいベトナム(ハノイ)でも住宅開発を始めたことも明らかにした。

 DPCはマレーシアの有力な病院やインターナショナルスクール、銀行を抱え、今後はショッピングモール、レストラン街を拡大させ、高齢者対応の介護サービスを展開させる計画だという。日本の技術や経験など、日系企業にも商機がありそうだ。

クアラルンプールの「デサ・パークシティ」は、犬愛好家に対し、散歩時のための袋やゴミ箱を設置している。日本でもなかなか見られない光景だ(筆者撮影)


 中でも、地域との“共生”を目指す上で、大切にしているのが、イスラム国家における「多様性」だ。

 DPCでは、犬と暮らす住人が非常に多い。不動産業界など各機関のクアラルンプールのドッグフレンドリーな住宅ランキング調査では「断トツトップ」(DPC)という。

 日本人が多く住む近隣のモント・キアラを含め、市内各地からやって来て、犬を散歩したり、犬とレストランで食事するため、週末は特にごった返す。

ドバイでも犬と散歩する風景が日常に

 日本人も多く通うIGBインターナショナルスクールで教育プログラム専門教官を務める英国人、フィル・クラークさんも住人の一人。

 オーストラリア出身のアマンダ夫人とともに、家族のべラちゃん(ビーグル、5歳、女の子)と前任地のジャカルタからクアラルンプールに移住し、イスラム国家、マレーシアでの“犬ライフ”を楽しんでいる。

 「イスラム圏の中で、犬と暮らすことは、タブーと思っている人が多く、英国でもそうだ。仕事の関係で、これまで、クウェートやインドネシアに住んだが、マレーシア以上に、ドッグフレンドリーだ」と言う。

 また、「イスラム圏の近代化によって、価値観やライフスタイルの多様化が進んでいる」と、イスラム圏での犬との関わり方で、ステレオタイプの犬への認識に変化が訪れているとも話す。

 フィルさんが話すように、昨年夏には、イスラム教やその文化に厳格で知られるエジプトでも、政府がドッグカフェを承認したり(参照=http://www.bbc.com/news/av/world-middle-east-42837381/egypt-s-first-dog-cafe-proves-a-hit)、ドバイなどでは、街中でプードルやチワワとウィンドーショッピングする人を見かけるほか、身寄りのない犬のシェルターを運営する団体もあるほどだ。

 日本では知られていないが、マレーシアでは、これまで政府がマンションでの犬との同居を原則禁止していたが(一軒家のテラスは2頭、バンガローは4頭まで可能)、このほど、法律を改正。特に禁止だったマンションでの小型犬に関して、同居することを合法化したばかりだ。

 さらに2015年、犬を含む動物虐待を厳しく取り締まる動物福祉法も施行された。

 今年の1月にはイスラム教徒の裁判官が、マレーシアでの犬への虐待でシンガポール人に有罪と罰金の判決を下した(参照:前回の記事http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52304)。

 こうした動きは、日本の不動産業界でも注目を集め始めており、DPCには、野村不動産から研修生が訪れている。

 「日本では、イスラム国家では、犬はタブー視されていると思われているが、変わりつつある。マレーシアがいい例。日本人には、愛犬家が多く、愛犬と共に海外転勤や移住は、悩みの種の一つだった。イスラム国家のライフスタイルの変化の動きは、海外に進出する日系企業にとっても、大変興味深い。ビジネス展開の上で参考になる」と野村不動産(本社:東京都新宿区)海外事業部の俵口怜さんは語る。

 日本では知られていないが、大学の同僚の宗教専門家によると、もともとイスラム教やその文化では、犬を敵視する教義はなく、コーランにも記されていないという。

中東の「貴公子」と呼ばれるサルーキ

 さらに、イスラム圏と犬との歴史は、紀元前数千年という古代エジプトの墓やイラクの古代遺跡「テペ・ガウラ」に残る彫刻に描かれた最も古い犬種「サルーキ」にさかのぼる。

 中東の「貴公子」ともいわれるサルーキは、その気品と威厳ある風格で、古代エジプトなど中東の王室でロイヤルドッグとして飼われ、「エル・ホル(高貴なもの)」と愛され、イスラム圏の人々から長い歴史の間、尊敬の念を抱かれてきた。

 その美しい出で立ちと、犬種で最高速度を誇るグレイハウンドを超える時速77キロで走る中東のその貴公子は、犬のサラブレットととも呼ばれ、今では西欧諸国の愛犬家たちが愛してやまない犬でも知られる。

 中東でも、今では、狩猟犬としてだけでなく家族の一員として愛玩犬として、とても人気だ。イスラム国家のマレーシアでも、イスラム教徒のマレー人が、愛犬として家族の一員に迎え入れている。

 筆者の知る獣医も、2頭のサルーキと3匹の猫と暮らす。

 2月16日の今日は、旧正月の元旦で、「2018年戌年」の幕開けだ。華人だけが祝う旧正月ではない。

 クアラルンプールのスターバックスでは、戌年のマグカップが人気だ。イスラム国家での変化しつつある犬を愛でるライフスタイルが垣間見られる――。

(取材・文 末永 恵)

筆者:末永 恵