田中刑事「どうしても最初のミスっていうのが悔しい部分」

ざっくり言うと

  • 16日の平昌五輪・フィギュア男子SPに、田中刑事が日本勢一番手として登場
  • 冒頭の4回転サルコーの転倒がひびき、80.05点でSPを終えた
  • 田中は「最初のミスっていうのが悔しい」とし、フリーへの意気込みを語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング