iPhoneのメッセージアプリを始め、FacebookメッセンジャーやGmailなどのサードパーティーアプリ、またMacのSafariやApple Watchなどでも確認されている、特定の1文字を受信しただけでアプリがクラッシュしてしまうバグについて、Appleが「この春公開予定のiOS11.3を待たずに解決する」と約束しました。

Apple、近くバグを修正したアップデートをリリース

インド南部で使用されているテルグ語の1文字を受信しただけでアプリをクラッシュさせてしまうバグが発生している件について、Appleが米メディアThe Vergeに対し、春のiOS11.3のリリース前のアップデートで問題を解決する、と語りました。
 
これはつまり、近くアップデートが公開され(iOS11.2.6でしょうか)、問題が修正されることを意味します。ちなみに現在正式公開されているiOSの最新版はiOS11.2.5です。
 
The Vergeによれば、現在公開されているiOS11.3ベータ2を含む、macOS、tvOS、watchOSのすべてのOSのベータ版で、この1文字受信クラッシュのバグは修正されています。
 
The VergeはiOSにしか触れていませんが、おそらくmacOS、tvOS、watchOSについても近くバグを修正したアップデートがリリースされると思われます。

 
 
Source:The Verge
(lunatic)