金メダル獲得を決めガッツポーズする尹誠彬=16日、平昌 (聯合ニュース)

写真拡大

【平昌聯合ニュース】平昌冬季五輪第8日の16日、スケルトン男子の後半3、4回戦が行われ、韓国の尹誠彬(ユン・ソンビン、23)が1〜4回戦の合計タイム3分20秒55で金メダルを手にした。韓国勢がそり競技で五輪のメダルを獲得するのは初めて。また、そりでアジア勢初の金メダルとなった。

 尹は前日15日に行われた1回戦で50秒28、2回戦で50秒07と立て続けにトラック新記録を出し、3回戦は50秒18、4回戦は50秒02で再び新記録を更新した。4回戦全てで1位を維持した。

 一方、韓国のキム・ジス(23)は合計タイム3分22秒98で6位に食い込んだ。