スマホ画面にタッチするだけロック解除! 画面で紋認証できるClear IDはスマホをどう変えるのか

写真拡大 (全3枚)

スマホのセキュリティ対策と言えば、指紋認証と返答がかえってくるほど、指紋認証はすっかり定着している。
スマホには、個人データから決済データまで保存されており、いまや最もセキュリティ対策をしなければならない。

スマホの指紋認証はセキュリティ対策としては万全ではないが、スマホ本体のロックを本人の指紋で行うことができ、パスワードやパターンなどを使ったロックより安全性が高い。指紋の登録やロック解除の操作も簡単で使い勝手が良いことから多くのスマホで採用されるようになった。

スマホのロックには指紋認証のほかにも、
・目の中の虹彩を読み取る虹彩認証
・コピーされにくい生体認証
・音声による認証
・顔認識による認証
などのセキュリティ機能を搭載したモデルも増えている。

さらにiPhone Xでは、顔認証を進化させ、顔を3Dスキャンして認証するシステム「Face ID」が採用されている。
iPhone Xの「Face ID」は、iPhoneの画面を顔の前に持ってくるだけで即座に画面ロックを解除してくれる。
また顔写真をかざしても解除されないため、これまでの顔認証システムよりも安全性は高い。

ところが、Face IDにも課題もある。
・花粉症対策や風邪予防などでマスクをしていると顔を認識してくれない
・ポケットの中だと指紋認証のように指先を当ててロック解除はできない
・カメラ前に顔を合わせる必要があるためデスクに置いたままではロック解除できない
iPhone Xの顔認証は指紋認証よりも安全性が高い反面、使い勝手の面では指紋認証に劣る面もある。

実際、現在市販されているスマホのセキュリティ対策は、指紋認証が主流だ。
指紋の認証には、
・本体の下部
・本体の裏面
・本体の側面
などに搭載されている指紋センサーに指でタッチしなければならない。

指紋センサーの位置が画面下の場合、
ロックを解除する際にスマホを握り直すことも多く、スマホを落とす危険がある。

指紋センサーの位置が背面の場合、
画面を上にして置いたままでは指紋センサーにタッチできないため解除ができない。
また本体の厚みも増してしまう。

指紋センサーの位置が側面の場合、
フロントのデザインを損なわず、本体の厚みも抑えることができるが、
指紋の読み取り部が細くなり、指紋の読み取り精度が低下するという課題がある。


Clear ID搭載の世界初のスマホ、Vivo X20


こうした既存の指紋認証の課題を解決するためにSynaptics社が開発したのが、
スマホの画面に指紋認証センサーを埋め込む技術「Clear ID」だ。

Clear IDは、スマホのディスプレイをタッチするだけで指紋認証できるため、画面以外の場所に指紋を読み取るセンサーを搭載する必要がなくなるのだ。

Clear IDを採用すれば、
・全画面ディスプレイ化
・本体の薄型化
・画面タッチで指紋認証できる高い安全性
を一度に実現できるのである。


Clear IDのセンサーモジュール


スマホ本体のデザインは、
・薄型化
・ボタンレス化
・全画面ディスプレイ化
など、年々スタイリッシュになってきている。

Clear IDは、画面上で指紋認証しロック解除が可能なので安全性を維持しながら、現在の指紋認証センサーを廃止して本体を薄くすることができる。

Clear IDの登場は、スマホの、
・全画面ディスプレイ化
・薄型化
を加速させ、画面タッチで即ロック解除できるモデルが増えるかも知れない。

大画面であっても、
・より薄く
・より軽く
・より安全
そんなスマホが登場するのであれば、それは歓迎すべきことだろう。


山根康宏