星座グループ別【大切な過去】牡牛座・乙女座・山羊座にとって過去は大切な「実績」!

写真拡大

 「過去」と聞いて、どんなことを思い浮かべますか? すぐにひらめく人もいれば、ずっと思いを馳せている過去のある人や、反対に、何も思い浮かばないという人もいるでしょう。あなたにとっての大切な過去を、星座グループ別に見てみましょう。

■火の星座(牡羊座・獅子座・射手座)……栄光
 過去と未来を天秤にかけたら、間違いなく未来に傾きそうな火の星座グループです。とはいえ生きていれば、過去は日々積み重ねられて蓄積していくでしょう。未来に目を向ける火の星座グループにとっての過去は、未来への希望や自信を失ったときに光り輝きはじめます。その光は、「過去の栄光」の輝きです。野心のままに未来を切り開く火の星座だからこそ、過ぎ去りし日の栄光は大切な過去になるのでしょう。

■地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)……実績
 過去と未来を同時に見つめようとするのが地の星座グループです。今の自分があるのは、過去の自分の行いがあったからだということを、人一倍に理解しているのでしょう。過去から継続してきたこと、頑張ってきたことが、これからの未来に役立つことを知っているのです。地の星座グループにとっての大切な過去は、未来を担うための実績でしょう。「過去の実績」が輝かしいほどに、未来もまぶしく輝くはずです。

■風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)……経過
 物ごとに執着しない風の星座グループは、現在やこれから先の未来に思いを馳せています。過去を振り返って反省することもあるかもしれませんが、どんな過去にも縛られることを嫌い、面倒な過去は封印してしまうでしょう。風の星座グループにとっての大切な過去は、過ぎていく経過なのです。「過去の経過」を紐解くことが、未来の生き方へのヒントとなり、行動するときの知恵になることを知っているのでしょう。

■水の星座(蟹座・蠍座・魚座)……思い出
 未来を信じるために欠かせないのが、水の星座グループにとっての過去なのでしょう。人と心を通わせることに喜びを感じ、やさしくあたたかい人間関係のぬくもりを忘れず、思い出として保管するのです。一方、恨みつらみの思い出も、忘れることは難しいでしょう。水の星座グループにとっての大切な過去は、「過去の思い出」なのです。ステキな思い出が、未来を生きる水の星座のためのエネルギー源になるのでしょう。

 現在、過去、未来……どこにフォーカスするのかは、そのときによって変わるかもしれません。けれどたいていの場合、紹介した傾向になるでしょう。いずれの場合でも、プラスの方向に役立てていけるといいですね。
(LUA)※画像出典/shutterstock