アスリートは、ストレスを抱えている選手がほとんどではないでしょうか。ストレスがあると、パフォーマンスを十分に発揮できなかったり、コンディションの調子を落としたり、さまざまな病気の原因にもなります。

 特に女子選手は、食べることでストレスを発散させてウエートオーバーになり、さらにパフォーマンスやコンディションを落とすという、負のスパイラルにはまりがちです。少しでも、食でストレスを軽減し、心も癒されるといいですね。

 今回は、貧血防止、ケガ予防、筋力強化ができて、見た目もかわいい「生おからのアスリートケーキ」を紹介します。

■小麦粉、砂糖使わず

 間もなくバレンタインデー。「友チョコ」交換のため、毎年たくさんのお菓子を作る女子選手もいるようなので、持ち運びができ、手渡しできるようカップケーキにしました。

 材料は、小麦粉の代わりにおからを使います。おからは大豆をひき砕き、加熱してこした豆乳の残りかす。食物繊維が豊富で、腸内環境を整えてくれます。

 便通が良くなり、有害な物質を体外に出すことで、ニキビや吹き出物のない「美肌」になるので、女子選手にはうれしい一品。高コレステロール予防にもなります。ただ、食物繊維が多いので、大切な試合の前日に食べるのはやめましょう。

 また砂糖を使わず、バナナの甘みのみ。クリームは砂糖なしにしていますが、お好みで少量入れるなど調整してください。減量や体脂肪を落としたい方は、クリーム抜きにした方がいいでしょう。

 トッピングのイチゴはビタミンCが豊富で、鉄の吸収を高めます。ブルーベリーは目の疲れにも良いアントシアニンを含みます。色合い豊かになり、華やかになります。

 もらう側としても、安心な「生おからのアスリートケーキ」。ハーブティーと一緒にお試しください。

【管理栄養士・山口美佐】