揚げ物など油っこいものを避けるトップアスリートはたくさんいます。しかし、アスリートの中にも油ものが好きな選手もいて、我慢しているとある日、突然「バカ食い」をしてしまうことがあります。特に女子に多く見られます。

 1カ月に1回なのか、3カ月に1回なのか、選手によって頻度は違いますが、食をコントロールすることは本当に個人差があると感じます。

 例えば、今まで毎日のように食べていた肉を魚に代え、肉は時々プラスするだけにしたとして、それを面白がって取り組み、負けそうになる自分と闘いながら「頑張る自分」を楽しむ選手もいます。一方で、前述のようにバカ食いをしてしまったり、そこまでもたないアスリートもいます。

 食は、栄養素を摂取させることが基本です。気分が乗らないからと、練習で手を抜く日があってはならないように、同様の意識で食べることに向き合うことも必要です。

 さて、今回紹介するのは、「納豆ご飯の春巻き」です。いつもの納豆ご飯をちょっとアレンジしただけですが、コンパクトで食べやすく、揚げ焼きにしているので満腹感が出やすくなります。1品で多くの栄養素がとれるため、練習量が多い時の補食でも使えます。

 揚げ物を我慢して反動の大きいアスリートにも、時々すすめているレシピです。

【管理栄養士・川端理香】