数年前までは角形の「ヴィンテージ1945」と丸形の「1966」が、ジラール・ペルゴのフラッグシップコレクションでした。これに新しく加わったのが、昨年にレギュラー化した1975年モデルの復刻版「ロレアート」のコレクション。34mm〜45mmまで4サイズあり、それぞれ色違い、素材違いのバリエーション展開も豊富に揃えた一挙34型を揃えてのデビューでした。2018年の国際高級腕時計展(SIHH)で発表した新作も、やはり話題の中心はロレアートです。

 

 

ロレアート42mm クロノグラフ

172万8000円/Ref.81020-11-131-11A 自動巻き。ステンレススチールケース&ブレスレット。直径42mm、厚さ12.01mm。100m防水

 

昨年発表の新生ロレアートに早くも加わったのが、このクロノグラフ仕様。クルー・ド・パリ装飾が施されたアイコニックな文字盤はシルバー、ブラック、ダークブルーのカラーが揃います。

 

18Kピンクゴールドケースもありますが、ロレアートのクロノグラフの注目はやはりステンレススチールケース。通常の高級時計には306Lと呼ばれる素材が使われますが、本機ではよりグレードの高いとされる904Lを使っているそうです。

 

裏蓋はクローズドのためムーブメントは見られませんが、代わりに自動巻きクロノグラフでありながら厚みを12.01mmにまで抑えつつ100mの防水性能も確保しています。

 

バンドは、ブレスレット仕様、またはアリゲーター仕様(ゴールドケースはアリゲーター仕様のみ)。写真は42mmですが、3針モデルでよく売れているという38mmのサイズも同じバリエーションで展開されます。こちらは価格が15万円ほど違うので、クロノグラフでも38mmが人気になりそうです。

 

 

ロレアート 42mm セラミック

176万400円/Ref.81005-32-631-32A

 

今年は、ロレアートの3針モデルのバリエーションも拡充されました。そのハイライトが、セラミックをケースに使った本機。カラーはブラックとホワイトがあり、それぞれブレスレットまたはラバーストラップのバリエーションが揃います。もちろん42mmと38mmの複数サイズで展開されます。こちらはシースルーバックとなっています。

 

 

クラシック ブリッジ 40mm

392万400円/Ref.86005-52-001-BB6A 自動巻き。18Kピンクゴールドケース。アリゲーターストラップ。直径40mm、厚さ11.7mm。30m防水

 

非コンプリケーションにも伝統のデザインを使い、ロレアートとともに昨年から新しくコレクション化した「ブリッジ」からは、クラシックデザインのモデルが登場しました。

 

文字盤の中央とテンプの支持にゴールド ブリッジを使い、ジラール・ペルゴらしいデザインが楽しめます。搭載するのは新開発のCal.GP08600-0001。このモデルにも45mmのサイズ違いがあり、そちらはGP08600-0002を搭載しています。

 

 

ミニッツリピーター トライアクシャル トゥールビヨン

5064万1200円/Ref.99830-21-000-BA6A 手巻き。チタンケース。アリゲーターストラップ。直径48mm、厚さ21.24mm。30m防水

 

ジラール・ペルゴは、コンプリケーションウオッチ製造の名手でもあります。その同社が手がけた最新の複雑時計がコチラ。

 

ミニッツリピーターの機構を文字盤側に組む手法は以前から使っていますが、これに3軸トゥールビヨンを組み合わせ、時間は文字盤の左右で時間と分を独立表示するという、まさに精緻なメカニズムを鑑賞するための時計となっています。

 

驚くべきはその軽さ。サイズは特大ですが、ストラップを含めても重さは68gを切るそうです。

 

ジラール・ペルゴ https://www.girard-perregaux.com/