画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●広大なリゾートエリアだから楽しめるセグウェイ

前回は、ウィメンズヘルスクリニック東京の浜中聡子医学博士に話をうかがった。このクリニックで診察やカウンセリングを受け、自分の身体やメンタルの状況をチェックする。

その情報をもとに、食事や運動のメニューを決め、宮崎県にあるシーガイアで3泊4日の滞在型医療プログラムを体験するのが、アンファーが提供する「ハッピーエイジング・ドック」の概要だ。このハッピーエイジング・ドックのプログラムについて、簡易的に体験してきた。

なぜ簡易的かというと本来は3泊4日の滞在となるが、取材ということもあり、特にお願いして1泊2日の日程にしていただいた。短い期間ではあったが、非常に内容の濃いプログラムであることを、体で感じてきた。

まず初日について。初日に行ったアクティビティは、セグウェイと乗馬だ。実は筆者は両方とも体験したことがない。セグウェイは機械だが、乗馬は生きている動物が相手。乗馬に関しては多少不安があったのだが、体験してみるといろいろと発見があった。

では、レポートに移ろう。セグウェイは2000年頃に登場し、当時は「情報インフラを変革したインターネットのように、移動手段を革新する発明」といったニュアンスで騒がれた。テレビなどの報道をみる限り、本当に「それほどスゴイものなのかな?」という、懐疑的な感想を持ったことを憶えている。そして、いつのまにか記憶から消えていた。

○セグウェイの楽しさを体感

体幹や足裏感覚のトレーニングになるセグウェイ

それからおよそ18年後、いよいよハッピーエイジング・ドックによってセグウェイに乗れる機会を得た。おそるおそるセグウェイを走行させてみたが、およそ10秒後には「楽しい」という感覚に変わった。操縦する楽しみというのもあるが、走行ルートはシーガイア周辺に広がる約700ヘクタールもの黒松林が中心だ。景観の良さが、より一層、セグウェイの楽しみを高めてくれる。

ちなみに、松林からはリラックス効果があるとされている「フィトンチッド」が放たれているそうだ。昔から国立病院などが森林に囲まれた場所にあるのはこのためだといわれ、「森林浴」という概念もこの成分が関わっているとされる。

ちなみにセグウェイは道路交通法により公道は走行できない。近年、高齢者による自動車事故が増えている背景もあって、セグウェイのようなパーソナルモビリティが公道を走行できる見通しはほとんどない。だが、黒松林のうち、約300ヘクタールがシーガイアの敷地だ。リゾートエリアならば、公道を走行できないセグウェイでも、乗り回せるというワケだ。

●優雅な見た目と裏腹に全身運動の乗馬

続いて乗馬へのアクティビティに移った。“動物が相手なので不安がある”と前述したが、筆者が乗る馬のおとなしい仕草とつぶらな瞳をみたら、その不安はかなり低減された。ただ、踏み台にのぼり、鐙に足をかけて馬の背にまたがってみると、視界がかなり高い。正直、これまで視界に入ってきた景色とは別世界のように感じる。

なお、馬は道交法のうえでは軽車両に分類される。生きている動物にこんな表現ははばかられるが、道交法上は自転車と同じということになる。従って、公道を進むことが可能だ。この乗馬のアクティビティでは、黒松林を貫く公道を進み、海まで向かった。往路は視界の高さによって違和感があったが、復路では高さに慣れ自然に進めるようになった。

○アンチエイジングが考えられたメニュー

さて、ここまでは、単に遊んでいるようにしか思えないレポートだが、セグウェイと乗馬を体験してみてあることに気づいた。それは、ともにヘルスケアを考えているメニューだということ。セグウェイはハンドル操作に体幹のバランスが大事だと感じたし、足裏感覚を鍛えるのにピッタリだと思った。セグウェイは自律して走行できるので、自転車のように転倒することが少ない。事前に講習を受けることも可能なので、セグウェイの楽しみ方を満喫できるはずだ。

そして乗馬。はたからみると、馬に乗ってラクに移動しているだけにみえるが、手綱を操作する腕、馬の腹を挟む脚、背筋を伸ばした姿勢といった要素が乗馬には必要になる。つまり、腕の筋肉、脚の筋肉、腹筋、背筋に負担がかかる。要するに、乗馬は全身運動なのだ。優雅に馬で移動しているようにみえても、その実、全身の筋肉を使うので結構な運動になる。筆者は脚のもものあたりが、軽い筋肉痛になった。アンチエイジングを対象にしたプログラムだけに、メニューにもひとつひとつ意味があるのだなと、素直に思った。

●ゆったりと体を休める宿泊施設

アクティビティのあとはホテルに入り、体を休めるターンになる。宿泊先はシーガイアのなかで一棟だけ高くそびえる「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」(以下、シェラトン)だ。部屋に通されていろいろな驚きがあったが、まずそのゆったりとしたルーム空間が新鮮だった。

そして、部屋からの眺望。眼下には黒松林が広がり、その向こうには日向灘が横たわっており、緑と青のコントラストがとても印象的だ。ご存じのとおり、松は常緑針葉樹。つまり、晴れていれば年間を通じてこの景色を堪能できる。

続いてディナーとなる。今回用意いただいたのは中華料理とのことだが、料理を味わってみて、正直うなった。中華料理は味が濃く、油も多めに使うというイメージがあったが、どれも素材の味を生かした品だった。担当したシェフによると、アンチエイジングを考えれば、塩分や油を控えることは当然だという。かといって味がないかといえばそうではなく、素材の良さを引き出すほんのりとした味付けが施されている。担当シェフは「素材を生かす和食を意識しています。そして、中華料理ではなく中国料理なのですよ」と笑みをみせた。なお、中華料理は日本で進化したメニューで、ラーメンや焼き餃子を提供する個人店が多い。一方、中国料理は、北京ダックやフカヒレ料理を提供する“本場の味”と捉えられている。

さて、初日最後のアンチエイジングメニューが、いわずとしれた温泉だ。ただ、温泉に関しても豪華の一言。まず、温泉施設である「松泉宮」までの回廊がなんとも風情がある。ここには、いくつか湯船があるが、私が案内されたのは「おゆのみや」という個室温泉だった。湯船の前には畳敷きと板床をミックスさせた部屋があり、ここでくつろいでから入浴できる。もちろん入浴後にほてった体をクールダウンすることもOKだ。なんと、湯船から上がる時間を伝えておけば、かき氷まで提供される。まさに至れり尽くせりの温泉だ。なお、おゆのみやは、小山薫堂氏が提案する「湯道」を体現する初の湯室として誕生した。湯の作法、湯室、湯道具を体験できる場として、国内でも貴重な存在だ。

3回目では、2日目の様子をレポートする。