山田竜也『フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法』(日本実業出版社)

写真拡大

「もしフリーランスへの転身を考えているなら、まずは“お金の準備”を始めてほしい」。Webマーケティングの専門家としてフリーランスで働く山田竜也さんは、自身の苦い経験を踏まえてそう強調します。一体いくら準備すればいいのか。独立をめぐるお金のポイントを解説します――。

※本稿は、山田竜也『フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法』(日本実業出版社)の一部を再編集したものです。

■最低限の生活費がないと、余裕がなくなる

フリーランスとして活動するために必要な、「お金の準備」について考えてみます。フリーランスは独立するとき、「最低限必要な1年分の生活費の1.5倍(理想は2倍)」の貯金があると、心に余裕が持てて、精神的な面での基盤となります。

そのために、まず「自分は、最低どれくらいの生活費がかかるんだろう?」と考えてみてください。都内で1人暮らしだったら、家賃や食費、光熱費などを合わせると、1年間で400万円前後は必要かもしれません。その場合は

400万円(最低限必要な生活費)×1.5倍=600万円(余裕の持てる生活費)

になります。ライターやイラストレーターであれば、営業コストは交通費くらいですから、1年分の生活費だけ考えればOKです。

600万円の貯金は、それなりの金額なので絶対条件ではありませんが、予想よりも苦戦したときの余裕がまったく違ってくるので、できるかぎりの貯金は準備しておきましょう。

■「なんでもいいから仕事がほしい」を避ける

「なんで余裕が必要なの?」と思った人がいるかもしれませんが、特に独立したばかりは思ったように仕事が取れない可能性もあるからです。それに仕事があったとしても、価格交渉に慣れていないので、「思ったよりも売り上げが残らなかった」ということも珍しくありません。しかも、最低限の生活費がなければ、お客さまとの価格交渉で弱気になりがちです。「生活のために、何でもいいから仕事がほしい」と、激安でイヤな仕事をする毎日をすごしたくはないですよね。

また、十分な貯金がなく独立した場合も、仕事でお金が入ってくるようになったら、まず1年分の生活費の貯金を最速で貯めることです。イレギュラーなことは、必ずどこかで起きるもの。多少失敗しても、自分を見失わずに事業が行き詰まらないために、心の余裕は大事です。

■必要な生活費をもとにした「売上目標」

さきほど、最低限必要なお金についてお話ししましたが、今度は、最低限必要な1年間の「売上目標」を考えてみてください。

フリーランスとしての毎月の売上目標の公式は、「余裕のある生活を送るために必要な生活費」+「貯金したい金額」です。「月々の売上目標×12カ月」で計算すれば、1年間の売上目標がわかります。

「400万円稼げば、年収400万円の会社員と同じ生活ができるはず。なぜ会社員よりも稼がないといけないの?」と思った人がいるかもしれません。しかし、フリーランスには社会保障がないのです。

会社員は厚生年金に加入している時点で、自動的に国民年金(基礎年金)にも加入することになります。すると、将来的に年金が支払われるときは、「国民年金」と「厚生年金」の2つの年金を受け取ることができます。しかも、そのために必要な費用(社会保険料)は、会社が半額負担してくれる仕組みになっています。

ところが、フリーランスはその特典を持っていません。だから、生活レベルを一緒にしたい会社員の年収に、プラス200万円くらい上乗せして稼がないと、ゆとりある生活を送ることができないのです(もちろん、上乗せした分はきちんと貯蓄してくださいね)。

■売上目標を頭において仕事をする

たとえば、年収300万円の会社員と、フリーランスの人が同じレベルの生活をめざすとします。そのとき、フリーランスとしての最低限必要な売上は、生活レベルを一緒にしたい会社員の年収にプラス200万円くらい上乗せして計算するので、粗利益500万円程度です。粗利益(売上総利益)とは、売上から仕入れを除いた金額のことで、計算式で表せば「売上高−原価」となります。

売上目標が頭のなかにあれば、「仕事で何をしなければいけないのか?」もわかりやすくなります。たくさん稼ぎたいのに仕事がゼロだったら、安い仕事でも引き受けないと生活できません。または、仕事が忙しくても売上目標に届かなかったら、薄利多売の状態なので、商品やサービスの値づけを見直さないといけません。

同じ取引先ばかりで売上が横ばいのときも、かなり危険です。新しいお客さまの仕事がなくて、既存のお客さまの仕事に依存している状態なので、時間の使い方を見直す必要があります。

ゆとりのある生活を送りながら、安定して稼ぎ続けるためにも、最低限必要な売上目標を考えてみてください。

■フリーランスの社会的信用は、なきに等しい

クレジットカードやローン、アパート・マンションの賃貸契約など審査が必要なものは、フリーランスになる前にリストアップして、先に審査を通しておくことをおすすめします。契約者の「経済的な安定性」を審査されるとき、フリーランスは審査に通りにくいからです。

会社員だと、クレジットカードや賃貸契約の審査に落ちることを、なかなか想像しづらいかもしれません。ところが、「会社」という後ろ盾がないフリーランスになってみると、クレジットカードや賃貸契約、銀行口座、住宅ローンなどの審査にバンバン落ちます。

いってみれば、フリーランスの社会的信用度は、なきに等しいのです。しかも、審査に落ちると「この社会で、君は成功しない」といわれているようで、精神的にもとてもショックを受けます。

実際、知人のライターも、「会社員時代と違い、フリーランスになったら、クレジットカードがつくれなくなった」と嘆いていました。比較的審査の通りやすい「LUMINEカード」の審査に、年収が同じくらいの会社勤めの友人と一緒に申し込んだところ、友人だけ審査に通ったので驚いたそうです。

■審査が通りやすい方法で申し込む

社会的信用の低いフリーランスでも、賃貸契約の種類によっては、審査を通過できることがあります。

フリーランスの人が賃貸契約をするときは、「UR賃貸住宅」がおすすめです。UR賃貸住宅は、基本的に収入か資産だけでしか判断されないので、フリーランスでも年収300万〜400万円ほどの安定した収入を稼いでいれば大丈夫です。さらに、礼金、保証人が不要で更新費用もかからず、支払った敷金は退去時にたいてい95%以上戻ってくることもあり、私は都内のUR賃貸住宅を渡り歩いています。

賃貸契約の審査が通りにくい個人事業主向けに、家賃保証の審査をしてくれる商品設計や仲介商品を提供している不動産会社「Livmo.inc(http://livmo.co/)」を利用するのも手です。Livmoでは、個人事業主でも安心して部屋探しができるように、連帯保証人なしで審査に申し込める家賃保証サービス「ノマド保証プラン」を提供しています(プラン利用料は、家賃の70〜100%程度)。

「ノマド保証プラン」は、過去の売上からわかる事業の安定性や、現在の預金額などを総合的に判断して、審査を通過させる仕組みです。そのため、昨年の事業所得が赤字でも、過去にクレジットカードや携帯代金の支払いに若干の滞納があっても、審査を通過できる可能性があります。

ただ、現在も消費者金融に借金の返済をしていない人や、携帯代を支払っていない人などは、審査を通過するのが難しいかもしれません。何はともあれ、クレジットカードや賃貸契約をはじめとする審査は、独立前の会社員時代に通しておくのが理想的です。

■もし「嫁ブロック」に遭ったら

最後に余談になりますが「いつかはフリーランスに」と考えている妻帯者の会社員の男性のなかには、「フリーランスになりたいんだけど……」と妻に相談したとき、「何を言い出すの!?」と妻から全力で止められる、いわゆる「嫁ブロック」を経験する人もいるといいます。

そうやって家族が反対するのは、「思いつきでフリーランスになっても、うまくいかないからやめて!」と思っているからです。

そこで、まずフリーランスとして働く本気度を伝えます。

たとえば、マンガを1度も描いたことのない子どもが、親に「マンガ家になる!」といきなり言い出せば、親は反対するでしょう。ところが、実際にマンガを数百ページ書いて、プロのマンガ家にアドバイスを聞きに行くなど、本気度の伝わる行動をしたら、親の反対する気持ちは少なくなるはずです。

本気度を伝えるときは、「撤退ラインの条件」や「フリーランスを辞めたあとの進路」を伝えることも効果的です。「絶対に借金はしないから、フリーランスとして1年間働かせてほしい」とか「3年間フリーランスをやって結果が出なかったときは、会社員に戻るから」といわれたら、家族は将来のビジョンがわかるので、少なからず安心します。

■家族に仕事仲間と会わせるのも手

家族に、仕事の関係者を会わせることも、仕事に対する理解を深め、協力を得られやすくなるよい方法だと思います。

人間には、何度も接すると親近感が湧いて、警戒心が徐々になくなる「ザイアンス効果(単純接触効果)」があります。何より仕事内容がわかれば、「何をしているかわからない」と家族に思われなくなります。

私も、仕事で仲よくなった人を自宅に呼んだり、家族に自分の運営している読書会を手伝ってもらったりしています。味方になってほしければ、小さなことでもいいので、まずは「巻き込んでしまう」。これは王道です。

さらに、こちらの仕事を理解してもらうだけでなく、子育てや介護など、時間にある程度「融通」がきくフリーランスのメリットを活かしながら、家族と協力していけば、家族関係もよりよくなるはずです。

----------

山田竜也(やまだ・りゅうや)
同志社大学哲学科卒業後、3年半の会社員生活を経て、2007年にフリーランスとして独立。専門分野は、Webマーケティング。ペンネームの山田案稜としては、著書に『小さな会社のWeb担当者になったら読む本』(日本実業出版社)ほか、共著に『世界一ラクにできる確定申告 』(技術評論社)などがある。

----------

(山田 竜也 写真=iStock.com)