F1第18戦日本GP、三重県鈴鹿サーキット、天候雨。午前9時から45分間、3回目となるフリー走行がスタートした。真っ先にコースインしたのはヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)。ファン・パブロ・モントーヤ(マクラーレン・メルセデス)、佐藤琢磨(BAR・ホンダ)らが後に続く。

 最初に1分46秒台の好タイムを記録したミハエル・シューマッハ(フェラーリ)だったが、その直後のS字コーナーでスピンし、左フロントを壁にぶつけてしまう。ここでイエローフラッグが振られ、雨足も強まり、コース上からはマシンが姿を消した。

 その後、残り10分を切ったところで各車、続々とコースイン。キミ・ライコネン(マクラーレン・メルセデス)、モントーヤ、佐藤琢磨らがアタックするも、シューマッハのタイムを塗り替えることはなかった。

 今後の予定は以下の通り。
・フリー走行4回目:8日(土)10時15分〜11時
・公式予選:8日(土)13時〜
・決勝レース:9日(日)14時〜

フリー走行3回目結果 - livedoor 自動車