中島美嘉&清水邦広が離婚 遠距離恋愛・結婚を成就するには?

写真拡大

 歌手・中島美嘉(34)と、バレーボール選手・清水邦広(31)が離婚を発表した。2人は3年間の遠距離恋愛を経て2014年に結婚。中島が清水の応援にかけつけるなど仲の良さを見せていたが、「やっぱり別世界のカップルはうまくいかない」という結果になってしまった。どうすれば別世界の人との恋を成就できるのか。言葉の伝道師・クレアの鑑定結果から考察する。

■結婚に至った思いとは

 中島は東京を起点に歌手活動、清水選手はチームのある大阪でバレーボール三昧の生活。住んでいる場所も活動している世界も異なり、接点がなさそうな2人だけに、離婚よりも結婚発表のインパクトが大きかった。そもそもなぜ、この2人は結婚に至ったのだろう。

 2人が付き合ったとき、中島はすでに耳の病気を患っており、それを支えたのが清水選手ともいわれている。「中島さんが、ご自身が不調のときに結婚を決めたのは、結婚を機に『自分自身を成長させたい』と願ったからでしょう。清水選手はそんな中島さんを『支えたい』と思った。そんなお2人の思いが重なったから結婚に至った」とクレアは鑑定する。

■なぜ2人は離婚を選択したのか

 2017年シーズンの清水選手は、足首のケガにより代表選考から外れるなど思うように活躍できていない状態だった。「生活スタイルは変えたくないという思いが強い中島さんは、不調の清水選手の元に行き、献身的に支えることも精神的に支えてあげることも『自分にはできない』と考えたのかもしれません」とクレアは推察する。

 互いの状況が変化するなかで、結婚に「成長」を求めた中島と、「支え合い」を求めた清水選手の価値観がずれてしまい、別々の道を歩むことに。遠距離であっても、会おうと思えば会う機会もあっただろうし、電話やSNSでコミュニケーションを取ることも可能だったはず。けれど、価値観のずれた2人にとって、それは無意味なことだったにちがいない。裏を返せば、どんなに世界が違う2人でも「夫婦とはこういうもの」という価値観さえ共通していれば、長く添い遂げられる可能性は高いともいえよう。

 「嫌い合って別れるわけではありませんから、離婚後は友人に戻るでしょう。お互いを応援し合う、大切な存在になるはず」とクレア。中島、清水お互いにとって、最適な関係を見つけられることを願いたい。
(ニコ)

>>占いTVを見る

※画像出典/shutterstock