理髪店やヘアサロンなどの理美容業倒産、ここ10年で最多に

写真拡大

 帝国データバンクは2017年の理美容業の倒産が前年比17・1%増の151件と、07年以降で最多だったとする調査結果をまとめた。負債5000万円未満の小規模倒産が9割超を占める。大手との競争激化で中小の倒産が多発している現状が浮き彫りとなった。

 17年の負債総額も前年比3・5倍の138億100万円と、09年の123億7100万円を上回り、過去10年で最大となった。一般会員11万人が影響を受けた脱毛エステのグロワール・ブリエ東京が特定商取引法違反などを引き金に、約97億7200万円の負債を抱え、破産申請に追い込まれたためだ。同社の負債額はエステ関連業界で過去2番目の大型倒産となった。

 厚生労働省がまとめた16年度の衛生行政報告例によると、理髪店などの理容所は前年度比1・6%減の約12万2000施設となったものの、美容院やビューティーサロンなどの美容所は同1・3%増の約24万3000施設と、傾向が分かれた。

 帝国データの分析によると、理容業は顧客の高齢化や客単価の減少、来店サイクルの長期化が続くうえ、個人経営の後継者不足や低価格チェーンの台頭など懸念が残る。美容業は大手が割引クーポンの導入などの販売促進策を講じてきたが、顧客数の減少や来店頻度の低下に加え、低価格競争などもあり利幅の確保が課題となる。