得点しハイタッチする韓国のキム・ジョンウン(左)とキム・ヨンミ=15日、江陵(聯合ニュース)

写真拡大

【江陵聯合ニュース】平昌冬季五輪はカーリング女子1次リーグの韓国―日本戦が行われ、韓国(世界ランキング8位)は日本(同6位)と接戦の末5―7で惜敗した。

 逆転に次ぐ逆転で、白熱した試合展開だった。韓国は3―3の同点で迎えた第6エンドで1点を入れ、第7エンドでも得点して5―3と突き放したが、第8エンドで1点を返された。第9エンドでは最終ショットでミスを犯して日本に2点を与え、リードを許した。

 最終第10エンドでも韓国は日本の鉄壁の守りに阻まれ、日本が3連勝を決めた。初戦で世界ランキング1位のカナダを破った韓国は1勝1敗となった。1次リーグは10チームの総当たりで争われ、上位4チームが準決勝に進む。