力走する李=15日、江陵(聯合ニュース)

写真拡大

【江陵聯合ニュース】平昌冬季五輪は大会第7日の15日、スピードスケート男子10000メートルで、韓国の李承勲(イ・スンフン)が自己ベストで韓国新の12分55秒54を記録し、4位に入った。3位と1秒22の差でメダル獲得はならなかった。

 1周目は35秒32で通過し、2周目からは31秒台を維持。後半もスピードは落ちず、最後の1周は29秒74をマークした。李は「計算通りのレースができてよい記録が出た」と満足感を漂わせた。