演説する崔竜海氏=15日、ソウル(朝鮮中央テレビ=聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮は15日、故金正日(キム・ジョンイル)総書記の誕生日(16日)を祝う中央報告大会を平壌市内で開催し、息子の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長への忠誠を促した。朝鮮中央テレビが報じた。

 正恩氏の最側近とされる崔竜海(チェ・リョンヘ)党副委員長が演説を行い、核開発と経済発展を同時に進める並進路線を維持し、自衛的な核抑止力をさらに堅固なものにすると強調した。南北関係については言及しなかった。

 大会には北朝鮮が韓国に派遣した高官代表団の団長を務めた金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長、朴奉珠(パク・ボンジュ)首相などの高官が出席した。

 一方、正恩氏と妹で特使として韓国を訪問した金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長は姿を見せなかった。