NTTドコモは、自撮り写真に凹凸や植毛加工を施した「3Dセルフィー」を展示するイベント「#見えなくても自撮りして3Dにしてみた展」を3月3日と4日、東京渋谷のギャラリーTOMで開催する。入場は無料。

 ドコモでは、企業の社会貢献活動(CSR)の一環として視覚障害者と晴眼者が一緒に自撮り写真を楽しめるよう「ドコモ3Dセルフィープロジェクト」を実施中。1月にはワークショップを開催して実際に3Dセルフィーを楽しめる環境を提供した。

 ワークショップでは、撮影した写真を特殊な紙と、立体コピー作成機で凹凸をつけて立体化。植毛(フロッキー)加工で人物の輪郭を描き、指先で写真を楽しめるようにした。今回の展示会では、ワークショップで制作された作品19点が展示される。また来場者のうち希望者全員へ、自撮り写真を立体コピー作成機で出力したものをプレゼントする。