カナダを下しハイタッチする韓国の選手たち=15日、江陵(聯合ニュース)

写真拡大 (全3枚)

【江陵聯合ニュース】平昌冬季五輪は15日、カーリング女子1次リーグが行われ、韓国(世界ランキング8位)は初戦で前回ソチ大会金メダルのカナダ(同1位)を8―6で破って五輪初勝利を飾った。

 韓国は序盤からカナダと互角の戦いを繰り広げ、2―1でリードした第5エンドではカナダのストーンを外に二つ動かし4―1と差を広げた。第7エンドに同点に追いつかれたが、第8エンドで1点を入れ再度リードを奪った。第9エンドではスキップのキム・ウンジョンの最終ショットが中央の相手ストーンを押し出してカナダの大量得点の危機を防ぐと、相手のミスショットで3点を入れ8―4と突き放した。最終第10エンドにカナダは2点を返したものの、最後のストーンを残してギブアップし、韓国が勝利した。韓国は金メダルの有力候補とされるカナダから貴重な1勝をもぎ取り、準決勝進出に向け勢いをつけた。1次リーグは10チームの総当たりで争われ、上位4チームが準決勝に進む。