「提供精子で生まれた子ども」が執念の親探し 30年来の夢を叶える

ざっくり言うと

  • 提供精子で生まれた子どもが、「実の親」に会いたいという夢を執念で叶えた
  • 仲間とともに「実の親を知る権利」を求める会を作り、法制化を訴えてきた
  • 「自分の体の半分が何者か分からない。遺伝病も不安」だと語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング