画像提供:マイナビニュース

写真拡大

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は14日、Adobe ReaderおよびAdobe Acrobatの脆弱性に注意を喚起した。脆弱性を悪用したコンテンツを開いた場合、リモートからの攻撃により、Adobe ReaderやAcrobatが不正終了したり、任意のコードが実行されたりする恐れがある。米Adobe Systemsは現地時間2月13日、脆弱性を修正した最新版ソフトウェアを公開しており、JPCERT/CCは速やかな適用を呼びかけている。

今回提供された最新版Adobe ReaderおよびAcrobatでは、40件以上の脆弱性が修正された。影響を受けるバージョンは下記となる。

○Acrobat DC (Continuous Track)

Acrobat DC (Continuous Track) 2018.009.20050およびこれ以前(Windows、Mac)

Acrobat Reader DC (Continuous Track) 2018.009.20050およびこれ以前(Windows、Mac)

○Acrobat DC (Classic Track)

Acrobat DC (Classic Track) 2015.006.30394およびこれ以前(Windows、Mac)

Acrobat Reader DC (Classic Track) 2015.006.30394およびこれ以前(Windows、Mac)

○Acrobat 2017

Acrobat 2017 2017.011.30070およびこれ以前(Windows、Mac)

Acrobat Reader 2017 2017.011.30070およびこれ以前(Windows、Mac)