NTTドコモは、ソニーモバイル製の「Xperia XZ1 SO-01K」「Xperia XZ1 Compact SO-02K」「Xperia XZ Premium SO-04J」と富士通製の「arrows Fit F-01H」向けにソフトウェア更新サービスの提供を開始した。

Xperia XZ1 SO-01K

Xperia XZ1 Compact SO-02K

Xperia XZ Premium SO-04J

arrows Fit F-01H

 Xperiaシリーズの3機種では、特定の条件下でアラームが鳴らない場合があるという不具合が解消される。あわせて2018年2月のセキュリティパッチが適用される。更新にかかる時間は約12〜18分。更新後のビルド番号は、Xperia XZ1 SO-01Kが「47.1.B.7.22」、Xperia XZ1 Compact SO-02KとXperia XZ Premium SO-04Jが「47.1.B.7.21」となる。

 arrows Fit F-01Hでは、端末起動後にスリープに移行しない場合があるという不具合や、カーナビへの電話帳転送が失敗する場合があるという不具合が解消される。あわせて2018年1月のセキュリティパッチが適用される。更新にかかる時間は約6分。更新後のビルド番号は「V18R050D」となる。