「賊軍」にされた人たちの名誉回復が図られるべきではないでしょうか(写真:anchan / PIXTA)

今年(2018年)は、明治維新から150年目となる節目の年である。政府は「明治150年」のロゴマークを決め、さまざまな記念行事を展開したい意向のようである。時を合わせるようにNHK大河ドラマ「西郷どん」もスタートした。
こうした「明治維新」礼賛の動きに対して、『薩長史観の正体』の著者である武田鏡村氏が異論を語る。

「薩長史観」を見直すべきとき

明治維新150年記念事業が盛大に行われるかもしれないことについては、正直、違和感を覚えます。

菅義偉官房長官は記者会見で「大きな節目で、明治の精神に学び、日本の強みを再認識することは重要だ」と強調したそうですが、こうした明治を礼賛する背景には「薩長史観」(参考:なぜいま、反「薩長史観」本がブームなのか)があると思います。

つまり明治維新の勝者である薩摩(鹿児島県)、長州(山口県)らが作り上げた、明治を美化する歴史観があるのです。

逆に敗者になった会津(福島県)をはじめとする旧幕府側には、いまだ明治維新に異議ありという意識が強くあるようです。1月9日のテレビ朝日「グッド!モーニング」“池上彰のニュース大辞典”では、いま会津地方で、薩長史観に異議を唱える内容の本がよく売れていると報道していました。

そんな中、山口県に地盤を持つ安倍晋三首相が主導して、薩長史観に基づき明治維新を美化するかのような祭典を行うことに対して、旧「賊軍」地域の人々はどのように思うでしょうか。

そうしたことにも配慮し、記念式典を催す前に、最低限以下のことを政府に表明していただきたいものです。

「賊軍」の名誉回復を

幕末の権力抗争の中で、会津藩は敗れて「賊軍」「逆賊」とされてしまいました。

しかし、そもそも孝明天皇は、会津藩主の松平容保(かたもり)を深く信頼し、それに応えようと会津藩の人々は必死に忠義を尽くしていました。会津びいきで長州を遠ざけた孝明天皇は急死したわけですが、毒殺されたのではともいわれています。

その後、幼い明治帝が担ぎ上げられ、薩長の策謀で、幕府や会津などに対して「討幕の密勅」が出されます。しかし、『薩長史観の正体』で詳しく述べたように、これはどうみても偽造された勅書、つまり偽勅だと思います。有名な「錦の御旗」も同様です。

こうした経緯にもかかわらず、薩長明治政府は会津を「賊軍」としたわけですが、これでは会津の人たちが納得できない思いを持ち続けるのも仕方ないことでしょう。明治政府の過ちを、公(おおやけ)に見直す時期に来ているのではないでしょうか。

長州の木戸孝允(桂小五郎)の強い主張により、戊辰戦争に敗れた会津藩士やその家族を極寒の地(斗南)に追いやり、生き地獄を経験させたことなども反省すべきだと思います。

会津以外の旧幕府側、奥羽越列藩同盟の諸藩も「賊軍」とされたわけですが、これも同様に名誉回復が図られるべきだと思います。

新政府軍は、仙台藩などの和平斡旋の申し出を踏みにじり、長州の世良修蔵の暴虐な振る舞いにより奥羽諸藩を開戦に追い詰めました。

また、北越方面では新政府軍の岩村精一郎が、長岡藩の家老・河井継之助の再三の和平斡旋の嘆願を無視し、戊辰戦争最大の激戦を招きました。

いまはやりの「西郷どん」にしても、幕府を挑発するため、江戸市中で「薩摩御用盗(ごようとう)」と恐れられるテロ行為を行わせたことはごまかせない史実です。

薩長史観ではあまり触れられなかった真実に目を向け、「賊軍」にされた人たちの名誉回復が図られるべきではないでしょうか。いまだ靖国神社には、賊軍とされた側の戦没者は祀られていません。

旧幕府側の「近代化政策」の再評価を


幕府は無力で無策だったというのが薩長史観の見方です。しかし実際は、27歳の阿部正弘を老中首座にすえ、開国を見据えた近代化を図っていました。

オランダからの警告を受け、ペリーがやってくる1年前から江戸湾に砲台を築き、大船建造の禁止令を解除して海防の強化を行っています。開国を見据え、海軍伝習所を設立して諸藩の藩士らも受け入れました。外国の知識のある人材を多く登用しました。

なかでも勘定奉行になった小栗上野介(忠順)は、横須賀製鉄所(造船所)を造り、造船所や修船所などの建設を促進しました。薩長勢力が、開国を阻止しようと外国人や開国派にテロを加えていた時代のことです。

この横須賀製鉄所は日本の近代化に計り知れない貢献がありました。明治になり日露戦争でバルチック艦隊に勝利した東郷平八郎(薩摩)が、小栗の遺族に「日本海海戦で勝利を得ることができたのは、小栗さんが横須賀造船所を造ってくれたお陰です」と礼を述べているほどです。

それにもかかわらず、2015年に世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」には、登録を目指した段階から横須賀製鉄所はリストアップされませんでした。リストには、九州・山口の施設が集中し、松下村塾まで入っているのに比べ、不可解と言わざるをえません。世界遺産登録を強く推進した安倍首相が、吉田松陰を礼賛していることとの関連を指摘する声もあります。

横須賀製鉄所を造った小栗は、江戸開城の折も徹底抗戦をとなえたためか、その後引きこもった領地で、新政府側に濡れ衣を着せられて処刑されています。薩長勢力にとっては触れたくない人物なわけで、そんなことも影響して横須賀製鉄所を無視したのではと言う向きもあるようです。

全国民一致で祝う「明治維新150年」にするためにも、今度はそんなことを言われないよう、「負けた側の貢献」についても積極的に評価していただきたいものです。

最後に、菅官房長官は「明治の精神」に学ぶことを勧めていますが、その精神には、軍国主義、侵略主義、愛国心があり、それが先の大戦につながっていったということを忘れてはならないことは、言うまでもありません。